カシオ、カメラと画面が分離する新発想デジカメ「EX-FR10」

インターネットコム / 2014年8月26日 16時30分

写真

カシオ、カメラと画面が分離する新発想デジカメ「EX-FR10」

カシオ計算機は、デジタル カメラ「EXILIM(エクシリム)」シリーズの新製品として、カメラ部と液晶画面付きコントローラ部を分離させてさまざまなスタイルで撮影が行える「EX-FR10」を発表した。一体化させて通常のデジタル カメラのように使ったり、カメラ部を離れたところにおいてコントローラ部で遠隔撮影したりすることが可能。防水/防塵/耐衝撃性も備えているので、ウェアラブル カメラやアクション カメラのような使い方もできる。価格はオープン。税込み想定市場価格は5万円前後。9月19日に発売する予定。

EX-FR10 は、カメラ部をワンタッチで本体から外せる。カメラ部に付いている角度の変えられる金属製の板は台座の役目を果たし、さまざまな場所に置くことや、別売アクセサリを使って三脚に固定することが可能。コントローラ部は Bluetooth 経由でカメラ部を制御し、構図の確認や撮影などの操作がリモートで行える。撮影者が一緒に入って構図を確認しながら撮る集合写真“みんな撮り”や、カメラ部を撮影者の後方に置いて後姿を撮影する“後ろ撮り”に使える。カメラ部にもシャッター ボタンが設けられており、単体でも撮影できる。

カメラ部を本体に取り付けた状態でもカメラの向きを変えられて、一般的なカメラのような形態で使えるほか、カメラを自分に向けると画面で構図を調整しながら行う“自分撮り(セルフィー)”もしやすい。

撮った写真/ビデオは、カメラ部の内蔵メモリー(約65.9MB)やメモリー カード(microSD/microSDHC/microSDXC)に保存される。カメラ部は無線 LAN(Wi-Fi)機能を備えており、アプリケーション「EXILIM Link」をインストールしたスマートフォン/タブレットに写真/ビデオのデータを転送できる。スマートフォン/タブレットから撮影も行える。

EX-FR10 はインターバル(間欠)撮影機能を備え、一定時間ごとに静止画や動画、静止画と動画の混在で自動撮影できる。EX-FR10 を身に着けたまま過ごしてハンズフリーで1日の活動を記録すること、植物の成長を長時間撮影すること、野生動物の定点観察など、さまざまな用途が考えられる。撮影間隔は、15秒、2分、5分のいずれか。

インターバル撮影などで撮りためた大量の写真は、「ハイライトフォト」「ハイライトムービー」という特徴的な機能で手軽に楽しめる。ハイライトフォトは、撮影日とレイアウトを選ぶだけで、その日に撮影された6枚から9枚のお薦め写真を自動選択して1枚のコラージュ画像を生成できる機能。ハイライトムービーは、撮影日を指定すると、複数の写真と動画を1本のショートムービーに仕立て上げる機能。お薦めの写真と動画は、ピントの合い具合や顔認識した結果などを参考にして選ばれる。完成したコラージュ画像やショートムービーは、SNS でシェアできる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング