Apple、4.7インチ「iPhone 6」と5.5インチ「iPhone 6 Plus」発表、NFC/VoLTE などに対応

インターネットコム / 2014年9月10日 10時10分

写真

Apple、4.7インチ「iPhone 6」と5.5インチ「iPhone 6 Plus」発表、NFC/VoLTE などに対応

米国 Apple は、新型スマートフォンとして、4.7インチ画面の「iPhone 6」と5.5インチ画面の「iPhone 6 Plus」を発表した。両モデルの相違は基本的に画面のみで、現行モデルより画面サイズが大きくなったほか、Voice over LTE(VoLTE)通話対応、NFC チップによる決済機能「Apple Pay」搭載、新型プロセッサ「A8」採用といった強化を施している。また、新たにストレージ メモリー容量が 128GB のモデルを設ける。OS は新版の「iOS 8」。

9月19日に日本、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、香港、プエルトリコ、シンガポール、英国で発売する。購入の予約受付は9月12日から行うとしているが、記事執筆時点(9月10日7時)で NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの Web サイトにはまだ現行モデル「iPhone 5s」「iPhone 5c」の情報しか掲載されていない。

米国におけるメーカー希望小売価格(2年契約時)は以下の通り。

【iPhone 6】
・16GB 版:199ドル
・64GB 版:299ドル
・128GB 版:399ドル

【iPhone 6 Plus】
・16GB 版:299ドル
・64GB 版:399ドル
・128GB 版:499ドル

新モデルである iPhone 6 および iPhone 6 Plus 最大の特徴は、iPhone 5s/5c に比べ大きくなった画面。iPhone 5s/5c が4インチ(1,136×640ピクセル表示、326ppi)なのに対し、iPhone 6 は4.7インチ(1,334×750ピクセル表示、326ppi)、iPhone 6 Plus は5.5インチ(1,920×1,080、401ppi)ある。画面のコントラスト比も高く、iPhone 6 は1400:1、iPhone 6 Plus は1300:1(iPhone 5s/5c は800:1)。画面の拡大にともない当然ボディ サイズは大きくなったが、厚みは iPhone 5s/5c より少ない。具体的なサイズと重さは以下の通り。ボディ デザインはアルミニウム製ボディなど iPhone 5s を踏襲しており、ボディの縁がやや丸みを帯びた。ボディ カラーは iPhone 5s と変わらず「Gold」「Silver」「Space Gray」の3色。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング