世界初、Bluetooth 搭載の電動歯ブラシをレビュー--専用アプリでオーラルケアの質が向上

インターネットコム / 2014年10月6日 11時0分

写真

世界初、Bluetooth 搭載の電動歯ブラシをレビュー--専用アプリでオーラルケアの質が向上

歯磨きの時にもスマートフォンは手放せない。そんな時代がやってきたようだ。

ブラウン(P&G)が10月上旬に発売する電動歯ブラシ「ブラウン オーラル B プラチナ・ブラック7000/プラチナ・ホワイト7000」は、世界で初めて Bluetooth を搭載。専用のスマートフォンアプリがガイドすることにより、オーラルケアの質を高められるという。

今回は発売前に入手した実機を用いながら、専用アプリの主な特徴を紹介する。

■特徴1:歯のコンディションに合わせて機能をカスタマイズ

専用アプリは、iOS 6.0 以降/Android 4.3 以降に対応。App Store または Google Play で無料ダウンロードできる。

 
アプリの「設定」では、歯磨きのモードやリマインダ機能などをカスタマイズできる。歯磨きのモードは、ベーシックな「クリーンモード」や優しく振動する「歯ぐきケアモード」、口臭をケアする「舌クリーニングモード」など6種類。複数設定しておいて、その日のコンディションに合わせて使い分けると良さそうだ。

 
通常の歯磨きに加えて、特に気になる所をケアするための「集中ケアプログラム」も用意されている。歯科医師と相談した上でケアする場所を設定すれば、虫歯予防の効果を高められるだろう。

■特徴2:タイマーで丁寧な歯磨きを習慣化

毎日歯磨きをしていても、忙しさにかまけて雑に済ませる時があるという人もいるのではないだろうか?このアプリを使えば、毎回しっかりと磨く習慣が身につくかもしれない。

同アプリはタイマー機能を搭載。口の中を「右上」「左上」「右下」「左下」の4分割にし、「クリーンモード」なら30秒ずつ、「しっかりクリーンモード」なら45秒ずつというように時間を計ってくれる。「クリーンモード」で試してみたところ、タイマーを意識することでいつもより集中して磨くことができた。4か所を同じ時間かけて磨くことで、偏りなく汚れを落とすこともできそうだ。
 

歯を磨いた時間などのデータは保存され、「週次」や「月次」でも確認することが可能だ。蓄積したデータを元にユーザーの習慣を分析し、磨き残しや磨き癖についてアドバイスしてくれる機能も備わっている。
 
■特徴3:達成感でモチベーションを維持

歯磨きのガイド役になるだけでなく、モチベーションの維持に役立つ点も同アプリの特徴だ。歯磨きの「達成度」を Facebook に投稿する機能や、継続的なオーラルケアに対する「トロフィー」などが用意されており、ささやかな達成感を味わうことができる。

ちなみに筆者は今回初めて電動歯ブラシを使ったが、楽に磨ける上、汚れもしっかり落ちていそうな感覚を得られた。また1分間で左右約8,800回、上下約4万回という高速運動をする同製品だが、一定以上の圧力がかかると「押しつけ防止センサー」が作動するため、歯ぐきを痛める心配も少なそうだ。

毎日手を抜かず丁寧に行いたい歯磨き。電動歯ブラシでしっかり汚れを落とし、専用アプリでペースを保つことで、健康的な歯の維持を実現できるかもしれない。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング