自動車購入後、満足度が大きく上がったのは「カーナビ」と「カーオーディオ」

インターネットコム / 2014年10月6日 14時0分

写真

自動車購入後、満足度が大きく上がったのは「カーナビ」と「カーオーディオ」

米国ボーズコーポレーションの100%子会社ボーズ・オートモーティブは、「ドライブと音楽に関する調査」を実施。 自動車購入後、満足度が大きく上がったのは、2位が「カーナビ」、そして1位が「カ―オーディオ」であったことを明らかにした。

■自動車購入時に重視するのは「価格」と「デザイン」

調査対象者全員に対し、自動車購入時に重視した項目を尋ねたところ、最も重要視されていたのは「本体購入価格」74.9%だった。これに「デザイン・色」72.7%、「燃費・環境性能」71.9%、「乗り心地の良さ」67.3%等が続いた。

 
■自動車購入後に満足度が大きく上がったのは「カーナビ」と「カーオーディオ」

一方、自動車購入後に満足度が上がった項目を調査したところ、「カーオーディオ」47.8%(購入時からは15.1ポイント上昇)、「カーナビ」48.0%(購入時から9.3ポイント上昇)が大きくポイントを上げていることがわかった。

 購入後、最も満足度の上昇した「カーオーディオ」については、中高年(40〜50代)よりも若年層(20〜30代)の方がより満足していることがわかった。カ―オーディオに満足している人の割合は、中高年では43.6%に留まっているが、若年層では52.0%が満足している。

 
なお、購入後の満足度合いは、「購入した後に満足しているポイント」から「購入前に重視していたポイント」を差し引いた数値で判断している。

■満足度があがった理由は? ― 音楽を最もよく聴く場所が自動車の中だから

今回の調査対象者が日頃音楽を最もよく聴くのは「自動車に乗るとき」58.7%、「通勤・通学などの移動中」39.5%、「家でのんびりしているとき」31.0%、「ネットをしながら」22.0%と、運転中が最も多いことがわかった。ドライブと音楽は、切り離せない関係にあるようだ。

とはいうものの、自動車購入時にカーオーディオを重視する人は多くはない。自動車購入後に、自動車車内における音楽の重要性を再認識した結果、満足度が大きくあがったと考えられる。

■車内音楽は「スマホで再生」の若年層 vs. 「CD・ラジオ派」の中高年

運転中に「音楽を聴く」と答えたドライバー549名(91.5%)に対し、「あなたは運転中に音楽を聴く際、どんな方法で音楽を再生していますか?」と尋ねたところ、従来からの「CD」「車載のラジオ」と回答した人の割合は中高年の方が多かった。例えば、「CD」で音楽を聴くと回答した人は、中高年では61.5%を占めているが、若年層では49.6%と5割を切った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング