ドコモ、iPadの下取りを開始--キャリア・Wi-Fi モデルを問わず同じ価格で

インターネットコム / 2014年10月20日 15時50分

写真

ドコモ、iPadの下取りを開始--キャリア・Wi-Fi モデルを問わず同じ価格で

NTT ドコモは、2014年10月下旬の新型 iPad 発売に合わせ、従来型 iPad の下取りをすると発表した。他キャリアで販売したモデルも含め幅広く回収する。

ドコモが「iPad Air 2」「iPad mini 3」の LTE 対応モデルを取り扱い開始するのに伴い、「iPad 下取りプログラム」と称するキャンペーンを利用できるようになる。11月末までの期間限定。

手持ちの iPad を下取りに出し、ドコモのスマートフォン、タブレット、従来型携帯電話などを購入すると、代金に対して最大2万1,600円の割引がある。

新規購入機種は Android タブレット「dtab」を除くすべてが対象。下取り対象の iPad はドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの LTE/3G 対応モデルおよび、無線 LAN(Wi-Fi)モデル。他キャリアの下取りより幅広い。

下取り価格は以下の通り。キャリアや SIM ロックの有無、LTE/3G/Wi-Fi といった通信方式による差はない。

適用条件は「ドコモプレミアクラブ」「ドコモビジネスプレミアクラブ」に加入しており、かつ下取り対象の iPad が正規購入したもので、代金の未払いがなく、故障、水濡れ、破損がなく、正常に動作することなど。

店頭で下取りに出す場合は、新機種の購入代金からの割引または「ドコモポイント」の受け取りが選べる。郵送で下取りに出す場合は後日ドコモポイントを受け取ることになる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング