ネットギアの 802.11ac 対応 Wi-Fi ルーター「Nighthawk R7500」、アプリ/端末ごとに「Dynamic QoS」で帯域を動的調整

インターネットコム / 2014年11月7日 15時0分

写真

ネットギアの 802.11ac 対応 Wi-Fi ルーター「Nighthawk R7500」、アプリ/端末ごとに「Dynamic QoS」で帯域を動的調整

ネットギアジャパンは、無線 LAN(Wi-Fi)規格 IEEE802.11ac に対応するルーターの新モデル「Nighthawk R7500」を発表した。2.4GHz 帯と 5GHz 帯のデュアルバンド対応 Wi-Fi ルーターで、総通信帯域は最大で 2.33Gbps におよぶ。発売時期は12月下旬。価格はオープンで、税込み想定市場価格は2万6,000円前後という。

Nighthawk R7500 は、2.4GHz 帯の IEEE802.11n 対応3バンドで計 600Mbps(=200Mbps ×3)と 5GHz 帯の IEEE802.11ac 対応4バンドで計 1,733Mbps(=433Mbps ×4)、合わせて 2.33Gbps の通信帯域を提供できる。IEEE802.11a/b/g 規格にも対応し、家庭やオフィスにある古い Wi-Fi 対応デバイスも継続して利用可能だ。プロセッサは、さまざまな処理を担当するデュアルコア(1.4GHz)プロセッサと、Wi-Fi 処理をオフロードする専用プロセッサ(500MHz)を搭載している。

同製品の発表会で解説に立った米国 NETGEAR のリテール製品部門担当ディレクタ Jonathan Wu 氏によると、家庭ではインターネット接続する機器が増えており、米国家庭の2割が9台以上のインターネット接続デバイスを所有している。その結果、多くの Wi-Fi 対応デバイスが同時にインターネット アクセスすることになる。

こうしたすべての接続を適切に管理して快適な通信を実現させる仕組みが、今回 Nighthawk R7500 に初めて搭載した QoS(帯域保証)機能「Dynamic QoS」だ。これは、インターネット アクセスるアプリケーションと通信タイプ、デバイスを認識し、それぞれに適した帯域幅の割り当て方を動的に調整する機能である。

例えば、YouTube ビデオ視聴や Skype の通話といったデータ量が多く、リアルタイム性の要求されるアプリケーションの通信には広い帯域や大きなバッファ領域を割り当て、それ以外の通信の優先度を落とす、といった制御を行う。また、接続するデバイスの種類に応じて、同じビデオ視聴であっても高画質が要求されるインターネット テレビには広い帯域、比較的データ量が抑えられるタブレットなどには狭い帯域を割り当てる。こうした帯域などの調整は、新たな通信が始まったり、新たなデバイスが接続されたりするつど、リアルタイムに実施する。このように制御することで、すべてのデバイスに最適な通信環境をするという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
インターネットコム

トピックスRSS

ランキング