ワイモバイル、スマホ用データ通信容量をタブレットなどと分け合える「シェアプラン」

インターネットコム / 2014年11月14日 17時0分

写真

ワイモバイル、スマホ用データ通信容量をタブレットなどと分け合える「シェアプラン」

ソフトバンクグループのワイモバイル(旧イー・アクセスおよびウィルコム)とウィルコム沖縄は、スマートフォンの通信プランで契約した月間データ通信容量をタブレットやほかのインターネット対応機器と分け合えるサービス「シェアプラン」を、12月4日に提供開始する。親回線として「スマホプラン S/M/L」のいずれかに契約したスマートフォン1回線ごとに、最大3回線の子回線を追加してデータ通信量をシェアできる。

シェアプランの基本使用料は月額980円(税別、以下同じ)。ただし、親回線の契約プランの種類によってセット割引が適用されるため、シェアプランを利用する場合のスマホプランと合わせた実質的な月額料金は以下の金額になる。

・親回線がスマホプラン S の場合:3,960円
・親回線がスマホプラン M の場合:4,470円
・親回線がスマホプラン L の場合:5,980円

親回線となるスマホプランは、音声通話とパケット定額サービスが一体になった契約プラン。月間のデータ通信量上限が異なる S、M、L の3種類がある。いずれも10分以内の国内音声通話であれば相手を問わず、月300回までの制限付き通話定額が利用可能。月額料金と月間データ通信容量は以下の通り。

【スマホプラン S】
・スマホ基本使用料:2,980円
・高速データ通信容量:1GB/月

【スマホプラン M】
・スマホ基本使用料:3,980円
・高速データ通信容量:3GB/月

【スマホプラン L】
・スマホ基本使用料:5,980円
・高速データ通信容量:7GB/月

これに対し、シェアプランを組み合わせると、スマホプランの種別に応じて以下の割引額が適用される。

・親回線がスマホプラン S の場合:0円
・親回線がスマホプラン M の場合:490円
・親回線がスマホプラン L の場合:980円

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング