ニコニコがゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」を開催、「ニコ動」で任天堂ゲームの公認二次創作が可能に

インターネットコム / 2014年11月19日 19時30分

写真

ニコニコがゲーム実況とゲーム大会の祭典「闘会議2015」を開催、「ニコ動」で任天堂ゲームの公認二次創作が可能に

ドワンゴとニワンゴは11月17日、都内のイベント スペース「ニコファーレ」で報道関係者とコンテンツ配信サービス「niconico」のユーザーを招いて「ニコニコ超会議2015発表会」を開催した。ニコニコ超会議2015や「ニコニコ国会議」「ニコニコ書店会議」に関する新たな発表が行われたのだが、実は大きな隠し玉が用意されていた。カードゲームやボードゲームから最新のスマートフォン用ゲームなどなど「古今東西のあらゆるゲーム」がテーマのイベント「闘会議2015」を、2015年1月31日と2月1日に幕張メッセで開催することが決まったのだ。さらに、任天堂が niconico の「クリエイター奨励プログラム」に賛同するという大きな発表まであった。これにより、「ニコニコ動画」に投稿した任天堂のゲームをベースとする二次創作動画が任天堂から許諾されると、任天堂公認というだけでなく、奨励金支払い対象にまでなる。

【闘会議2015:ゲーム実況とゲーム大会の祭典】

闘会議という企画は、ドワンゴ取締役の夏野剛氏が暴露したところによると「とりあえず思いついて、とりあえず(任天堂本社のある)京都へ行って、とりあえず OK をもらったから始まった」そうだ。ドワンゴ会長の川上量生氏が2か月ほど前に任天堂の代表取締役社長である岩田聡氏のもとを訪れ、「デジタル、アナログを問わないお客様が主役のイベントを実現させたい」と話したところ、「(創業125年におよぶ任天堂の歴史のなかで、一貫して)変わらなかったことは、人が遊ぶための道具を提供する会社。主役はいつも遊んでくださるお客様」と話す岩田氏が「このイベントは任天堂の歴史と響き合う」と共感し、実現に向けて走り出した。

イベントの内容は、ニコニコ超会議で行われていたゲーム企画部分を独立させ、発展させたもの。「ゲームの国で生まれた僕たちは、2015年、新しい遊び場を作り出す」をスローガンに掲げ、ゲームにかかわるすべてのコミュニケーションを一堂に集結させる考え。「テレビゲーム、スマホゲーム、アナログゲーム、アーケードゲーム、リアルゲームなど、古今東西のあらゆるゲーム」を用意し、本気のゲーム対戦が行われるコーナー、懐かしのゲームを和やかに楽しむコーナーなどを設けて、それらの楽しさをゲーム実況でネットにも広げたいとしている。

そのほかにも、ゲーム実況者が出演して実況しつづける実況ステージ、ゲーム音楽で構成するライブステージ、ゲーム実況用ブースを並べた「ゲーム実況縁日」、サッカーなどのリアルゲーム/スポーツのゲームをグラウンドなどを用意してリアルに再現する企画、参加者に企画を“丸投げ”する「まるなげ広場」、レトロゲームの展示コーナー、アミューズメント、コスプレ、自作ゲームなど、多種多様な企画を検討している。物販については、協賛企業だけでなく参加者も行える方向で考えるとした。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング