UQ、WiMAX 2+モバイルルータの修理費用を2年目以降も補償する「端末あんしん補償」を開始

インターネットコム / 2014年11月21日 16時30分

写真

UQ、WiMAX 2+モバイルルータの修理費用を2年目以降も補償する「端末あんしん補償」を開始

モバイルインターネットサービスの UQ コミュニケーションズは、「UQ エンタメマーケット」で「端末あんしん補償」を開始した。

「UQ エンタメマーケット」は旧「UQ オプションストア」。「端末あんしん補償」は、月額500円(税別)の、端末トラブルに備えるサービス。

WiMAX 2+モバイルルータ2年の契約期間に対し、モバイルルータの自然故障に対応するメーカー保証は1年のみ。そこで、WiMAX 2+モバイルルータ契約時に「端末あんしん補償」に申し込むと、自然故障のほか、メーカー保証対象外である水濡れや物損でも、修理代金が見舞金として支払われる。

見舞い金額は、1年目は、自然故障はメーカー保証金額、水濡れ/物損は最大2万円、また2年目以降は、自然故障、水濡れ/物損故障ともに最大3万円となる。ただし、見舞金の支払いには、au ショップ修理申込みと書類での手続きが必要。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング