企業向け LINE 風メッセンジャー「direct」、ボット化で Google Apps や Office 365 と連携

インターネットコム / 2014年12月5日 19時30分

写真

企業向け LINE 風メッセンジャー「direct」、ボット化で Google Apps や Office 365 と連携

ジャストシステム OB が立ち上げた L is B が、企業向けメッセンジャー「direct」と SaaS/PaaS や企業の業務システムとを連携させる新しいインターフェイス、「daab(direct agent assist bot)SDK」を公開した。

コミュニケーションツールとして、企業でのメッセンジャー導入が加速しているが、direct は daab SDK で、単なるメッセンジャーから、業務で使えるコミュニケーションフロントエンドツールに進化するという。

具体的には、企業内システムや、既存の SaaS/PaaS(Google Apps、Microsoft Office 365、Cybozu kintone など)と連携、日報作成、案件管理、商談議事録、スケジュール管理などの業務で、メッセンジャーをフロントエンドのユーザインターフェイスとして利用できるようになる。

daab SDK は、direct と SaaS/PaaS・企業の業務システムとを連携させる bot を開発するための開発環境。GitHub が開発し、MIT ライセンスで公開している Node.js で bot を作り、動かすためのフレームワークである Hubot をベースに、拡張した。Hubot では扱えない「位置情報」や「スタンプ」「アクションスタンプ」「写真、動画共有」「添付ファイル」「一斉連絡」などの direct の標準機能を使って、bot(自動的にコマンドを実行するプログラム)化できる。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング