ソフトバンク、初 GALAXY かつ初 Android タブレットの「GALAXY Tab4」発売

インターネットコム / 2014年12月19日 11時0分

写真

ソフトバンク、初 GALAXY かつ初 Android タブレットの「GALAXY Tab4」発売

ソフトバンクモバイルは、同社として初の Android タブレット「GALAXY Tab4」(韓国 Samsung Electronics 製)を発売した。発売に合わせ、Android タブレット利用料金を1年間実質無料にするという「タブレットセット割」とセキュティ サービス「タブレット基本パック」(月額500円、税別以下同じ)の提供を始め、「あんしん保証パック」(月額500円)の対象機種に GALAXY Tab4 を追加。さらに、「あんしん保証パック」と「タブレット基本パック」をセット化した「あんしんセキュリティセット」(月額800円)も提供する。

GALAXY Tab4 は、ソフトバンクが一般消費者向けに初めて販売する Android タブレット。Samsung の GALAXY シリーズ製品を手がけるのも、これが初めてだそうだ。手のひらにぴったりと納まる7型タブレットとしており、片手で持ち歩けるコンパクト サイズであるという。

画面は約7インチ(WXGA:1,280×800ピクセル表示)液晶で、約300万画素のメイン カメラ、約130万のサブ カメラを搭載する。防水性/防塵性は備えていない。RAM 容量は 1.5GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB。バッテリ容量は 4,000mAh。プロセッサは動作周波数 1.2GHz のクアッドコア品。Android OS のバージョンは4.4.2。

「SoftBank 4G LTE」(下り最大 112.5Mbps、上り最大 37.5Mbps)には対応するが、「SoftBank 4G」(下り最大 110Mbps、上り最大 10Mbps)は非対応。無線 LAN(Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n)/Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。Wi-Fi テザリングも行える。GPS に対応。緊急速報メール/NFC/赤外線通信/フルセグ/ワンセグには対応しない。

おおよそのサイズは幅108×高さ187×厚さ 9.2mm、重さは約 278g。ボディ カラーは「ホワイト」「ブラック」の2色。

インターネットコム

トピックスRSS

ランキング