新幹線の全乗務員が iPad を携帯--JR 西日本、サービス強化の一環

インターネットコム / 2014年12月26日 14時40分

写真

新幹線の全乗務員が iPad を携帯--JR 西日本、サービス強化の一環

JR 西日本は、米国 Apple 製タブレット「iPad Air」と「iPad mini」の導入を発表。約1,200台導入し、山陽新幹線と北陸新幹線の全乗務員が携帯する。

この取り組みは、新幹線のサービス向上や安全安定輸送の実現を図るもの。リアルタイムの情報取得や簡易翻訳ツールの活用により案内サービスを強化すると共に、迅速な情報共有による異常時の対応能力向上を目指す。また、マニュアルや規程類を一元的に電子化することで乗務員の負担を軽減する。

導入時期は山陽新幹線が2015年1月13日、北陸新幹線が3月14日。

インターネットコム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング