コーヒーを自分でいれる派の人に朗報♡スターバックス リザーブ ロースタリー 東京で焙煎したコーヒー豆が全国で発売

ISUTA(イスタ) / 2019年3月18日 14時0分

今年2月末にオープンしたばかりのホットなスポット「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」。


3月20日(水)より、このロースタリー 東京で焙煎したコーヒー豆「TOKYO ロースト」が一部店舗を除く全国のスターバックス店舗にて販売されます。


「TOKYO ロースト」が発売

「コア コーヒー」として年間を通じて販売される「TOKYO ロースト」(250g 税別1240円)は、なめらかで深みのあるスマトラ産コーヒーに、ラテンアメリカ産コーヒーをブレンド。





ロースタリー店舗で焙煎したコーヒー豆をスターバックス リザーブのコーヒー豆を扱う店舗以外で発売するのは、世界で初めての取組みなんだそう。


コーヒーチェリーから一杯のカップになるまでのストーリーやスタバのパートナーを象徴するエプロン、日本の1号店オープンの年である「1996」が描かれたパッケージにも注目です。





自分でコーヒーをいれて楽しむ派の人はもちろん、コーヒー好きの人への贈りものにも喜ばれそう!


ロースタリー 東京とのつながりを感じるコーヒー体験ができちゃうかも。


「クラシック ティラミス フラペチーノ」も登場

また、「TOKYO ロースト」が発売される3月20日(水)には、先日isutaでもご紹介した「クラシック ティラミス フラペチーノ」(Tallのみ 税別590円)が登場!





店舗で抽出したコーヒーを使い、ティラミスの美味しさを表現したという期間限定のフラペチーノはデザート感覚で楽しめそう。


「クラシック ティラミス フラペチーノ」は4月10日(水)まで一部店舗を除く全国のスターバックス店舗にて販売されるので、ぜひ足を運んで味わってみては♩


スターバックス

http://www.starbucks.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング