1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

「なつかしくって新しい!」がテーマ。カフェ&ブックス ビブリオテークで春のデザートフェアが開催されます

isuta / 2021年3月22日 9時0分

café&books bibliothèque(カフェ&ブックス ビブリオテーク)にて、春のデザートフェア「それは、希望につづく なつかしい味がする」が開催。


3月24日(水)より全店にてスタートします。


懐かしくて新しい春のデザートフェア

この春のデザートフェアは、スイーツのパワーを信じて鬱々しさを吹き飛ばす「なつかしくって新しい!」がテーマ。


誰もが一度は食べたことのあるスイーツを大胆にアレンジした、新作デザートが勢ぞろいします。


『イタリアン“プリンアラモード”のパンケーキ キャラメルソース』(税込1,600円)は、昭和レトロの代表格・プリンアラモード×パンケーキのハイブリッド。





クリームチーズを隠し味にイタリアンプリンをタルト仕立てにし、たっぷりのフルーツがトッピングされていますよ。


『まるごと焼きバナナのカスタードチョコパイ』(税込850円)は、カリっと香ばしくキャラメリゼした丸ごとバナナ×サクサクパイのボリュームたっぷりのデザート。





こちらは、ザクザクのクランブルタルトにキャラメルりんごをたっぷりのせ、バニラアイスを添えた『しっとりりんごのクランブルタルト 塩キャラメルソース』(税込890円)。





『いちごのショートケーキ』(税込870円)は、ふわとろ生クリームの中に甘酸っぱいいちごのコンフィチュールが隠れているそうですよ。





春限定の新作スコーンも登場

オリジナルパンケーキミックスから生まれた「スコーン」にも、新作が仲間入りします。


『ラムレーズンのスコーンサンド チェリーソース』(税込820円)は、ラム酒を染み込ませたレーズン&クリームチーズの大人味。





『いちご“発酵”バターと濃厚カスタードのスコーンサンド』(税込820円)は、特製いちご“発酵”バター、いちご、濃厚カスタード、バニラアイスを贅沢にサンドした一皿です。





欲張りなデザートプレートも気になる

色々食べたい人には、焼きバナナのカスタードチョコパイと、デザートプレート限定のショートケーキパフェがセットになった『選べるメインのデザートプレート』(税込1,400円~)が、おすすめ。


メインが選べるから、どれにしようか迷うのもお楽しみのひとつですよ。











社会の状況が変わり、心がもやもやしてしまう時もあるかと思います。そんな時は、スイーツで気持ちを晴れやかにしてみてはいかがでしょうか。


※店舗によって店頭表示金額が異なる場合があります。


カフェ&ブックス ビブリオテーク

http://www.bibliotheque.ne.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング