1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

買って大正解!マットタイプ「リップモンスター」やセザンヌ「ハイライト」など、色持ちの良さも◎な新作コスメ

isuta / 2023年11月14日 10時45分

グッと気温が下がり始めたこの頃。暑かった今年も、冬の訪れを感じられる気候になってきました。


これからクリスマスや年末年始と、楽しいイベントを控えている人も多いのでは?そんなワクワクするシーズンこそ、新しいコスメを揃えて準備万端で迎えたいものです。


今回は、isuta編集部が実際に試した新作コスメの中から、特におすすめのアイテムをピックアップしてご紹介。


持ちの良さにも定評があるコスメたちなので、一日お出かけする日にも大活躍してくれますよ。


周りの視線を釘付けにしちゃうような、ときめくコスメを見つけてみてくださいね。


毛穴レスな肌がリップモンスター並みに続くファンデ / KATE

KATE(ケイト)の「カラー&カバークッション」


メイクアップブランド「KATE(ケイト)」から、10月21日にブランド初のクッションファンデが登場。大人気シリーズ「リップモンスター」の技術を応用した、色も潤いも長持ちするファンデーションなんですよ。


「カラー&カバークッション」は、ベージュではなくしっかり色がついているので、「いったいどんな仕上がりになるの?」と思うかもしれませんが、ご安心を。


KATE(ケイト)の「カラー&カバークッション」


KATEでは、従来のベージュカラーファンデーションには4種類の着色剤を使用していたそうですが、今回の「カラー&カバークッション」は、より多種類の着色剤を採用しているといいます。


そのため、これまでのベージュカラーよりも肌の色に馴染みやすい仕上がりが実現したのだとか。


KATE(ケイト)の「カラー&カバークッション」のスウォッチ


カラーは『01 フェアピンク』『02 フレッシュアプリコット』『03 スノーライラック』の3色展開で、どれもくすみのない明るい肌を作ることができます。


KATE(ケイト)の「カラー&カバークッション」のスウォッチ
左が化粧下地のみ、右がファンデーションを上から重ねた仕上がり



実際に肌に塗ると厚塗り感は出ないのに、毛穴の凸凹が目立たなくなり、色ムラがカバーされて均等になった印象。ツヤは控えめで、セミマットのような仕上がりでした。


一日顔に塗って過ごしてみたところ、日中屋内で過ごしている限りは、ほとんど崩れることはなし。同時に乾燥が気にならず、浮いてきたり粉を吹いたりしない点も優秀ポイントだと感じましたよ。


KATE(ケイト)の「カラー&カバークッション」


お値段は、クッションファンデが税込2035円(※編集部調べ)、クッションファンデ用のケースが税込605円(※編集部調べ)になっています。シックなブラックのパッケージも使いやすく、まさに買って損なしのアイテム。


ベースメイクを新調したいと思っている人は、ぜひお試しあれ。


マットタイプのリップモンスターに新色が出たよ / KATE

KATE(ケイト)の「ケイト リップモンスター スフレマット」


KATEのマットタイプのリップモンスター「ケイト リップモンスター スフレマット」(税込1650円 ※編集部調べ)には、10月21日に新色が3つ登場しました。


KATE(ケイト)の「ケイト リップモンスター スフレマット」のスウォッチ


ニューカラーは『M06 掘りたて紅土』『M07 焦がしパンの運命』『M08 どよめくバンケット』の3色。


特に『M08 どよめくバンケット』は、色っぽいスモーキーローズでおしゃれ!スモーキーカラーでも、ピンクの要素がさりげなく入っていてかわいらしさも演出できますよ。


KATE(ケイト)の「ケイト リップモンスター スフレマット」『M08 どよめくバンケット』のスウォッチ


青みがありますが、やわらかい発色で肌なじみが良い印象。マットでこのやわらかさが演出できるのってなかなかレアかも…!


KATE(ケイト)の「ケイト リップモンスター スフレマット」『M08 どよめくバンケット』のスウォッチ


ぼかすと、粘膜に近い色味でナチュラルに使えるため、オーバーに塗って、唇にボリュームを出すのにもうってつけです。


KATE(ケイト)の「ケイト リップモンスター スフレマット」のスウォッチ


通常の「リップモンスター」同様に、5分ほど置いてからティッシュオフしてみると、しっかり色が残っているほど色持ちの良さは問題なし。


表面もしっとりしていて乾燥が気になりません。ただし、塗る際になにもケアしていない状態だと縦ジワが目立ってしまうため、先にリップクリームなどで保湿してから塗るのがおすすめ。


店頭にまだ残っているのを発見したら、迷わずゲットしちゃうのが大正解です!


周りに自慢したくなっちゃう見惚れまつ毛が完成 / rihka

rihka(リーカ)の「rihka mascara」


「rihka(リーカ)」から10月25日に登場したのは、ブランド初のマスカラ「rihka mascara」(税込3740円)。


繊細で長い、そして艶感のある美まつ毛が作れちゃうアイテムなんです。


rihkaのデイレクター・松田未来さんが作るにあたってこだわったのは、“みずみずしさ”。軽やかでのびやか、そして艶のあるまつ毛を表現できるよう、試作を重ねたといいます。


rihka(リーカ)の「rihka mascara」のスウォッチ
上からマスカラなし、ブラックを塗布、ブラウンを塗布



カールキープ力も高く、朝塗っても夕方まで上向きカールが持続しているのには驚き!さらに、お湯だけでもほとんどオフすることができ、落ちづらい部分にはクレンジングを使えば、スルンときれいに落とすことが可能です。


rihka(リーカ)の「rihka mascara」『lens レンズ(RMC001)』のスウォッチ


カラーは、艶感のあるブラック『lens レンズ(RMC001)』と、


rihka(リーカ)の「rihka mascara」『lèvre レーヴル(RMC002)』のスウォッチ


ピンクブラウンの『lèvre レーヴル(RMC002)』の計2色。


どちらも伸びやかでダマのない、どの角度から見てもうっとりしちゃう見惚れまつ毛が作れちゃいますよ。


rihka(リーカ)の「rihka mascara」のブラシ


繊細な仕上がりとはいえ、目元をきちんと強調したいなら『lens レンズ(RMC001)』、より自まつ毛になじむ自然な仕上がりが好みなら『lèvre レーヴル(RMC002)』がおすすめです。


rihka(リーカ)の「rihka mascara」が入っている化粧箱


淡いピンクベージュのかわいい化粧箱に入っているから、ギフトにもうってつけ。箱を開けるとひと言メッセージも入っていて、そのこだわりにもきゅんとします。


毛穴にお悩みならこのクッションファンデは試す価値アリ! / Enamor

「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット モイスチャー ベース」と「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」


YouTubeを中心に活躍する、発信型メイクアップアーティストのかじえりさんがプロデュースするコスメ「Enamor(エナモル)」初のベースメイクアイテムも必見。


10月25日に化粧下地とクッションファンデーションがお目見えしました。


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット モイスチャー ベース」


「ライトフィット モイスチャー ベース」(税込3890円)は、『ベージュ』のワンカラー展開ですが、どんな肌色の人にも馴染みやすそうな色味で使いやすく、これ1本でつるんと滑らか肌が作れるほどカバー力の高さも兼ね備えた優等生。


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット モイスチャー ベース」と「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」のスウォッチ
手の甲の右側だけに塗った様子



さらにSPF50+・PA++++の高いUVケア効果があるから、日焼け止め兼ベースメイクとしても使うことができるんです。忙しい朝にはとっても助かる~!


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」


クッションファンデの「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」(税込3890円)は、『01 ライト』と『02 ナチュラル』の2色展開です。


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」のパフ


ボリュームのあるパフは弾力があるのが特徴で、やさしい肌触りで摩擦レスで塗ることができちゃう。また、ファンデーションは伸びが良いため、軽くスポンジにワンタップするだけの少量で顔全体に塗れました。


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」のスウォッチ


顔に塗ってみると、頬や小鼻のぽつぽつとした毛穴がほとんど目立たなくなるほど、ハイカバーな仕上がり!通常カバー力が高いファンデは、厚塗り感が出て表情シワにファンデが溜まってしまうものもありますよね。


でも、これなら軽いつけ心地で、時間が経っても滑らかなきれいな仕上がりのままなんです。


「Enamor(エナモル)」の「ライトフィット ハーフグロウ クッションファンデーション」のスウォッチ


さらに乾燥が気にならず、適度なツヤがずっと続いているのも感動ポイント。


さらにSPF50+・PA++++と万全な紫外線ケアができるから、日焼け止めやベースメイクなしで直に塗っちゃっても良いかもしれません。


「なかなか消えない毛穴もしっかりカバーしてくれて、乾燥も気にならないアイテムが良い」。そんなワガママを形にしたエナモルのベースメイクは、ぜひ一度試してみる価値大アリです!


単色もブレンド使いもきれいなハイライトが完成! / セザンヌ

「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』


11月上旬から販売がスタートしている、「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』(税込770円)。


同ブランドの大人気ハイライトシリーズの新作で、さらに今だけしか手に入らない限定色なんですよ!


「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』


ピンク、オレンジ、ブルー、アイボリーの4色がひとつになっていて、4色それぞれが織りなす煌めきに見た目からうっとり…。


4色すべてをMIXして使うことはもちろん、単色やいくつかの色を混ぜて使うこともできちゃう優れものなんです。


「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』のスウォッチ


一番下の全4色を混ぜたMIX使いは、最も肌なじみが良い印象。


2色使いの場合、『ブルー』×『オレンジ』で透明感を出しつつナチュラルさをプラスしたり、


「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』のスウォッチ


『ピンク』×『アイボリー』で血色感を演出しつつハイライト効果を出したりと、その日の気分や肌調子によって使い分けることができます。


パウダーがしっかり肌に密着するから、持続時間も長いのが嬉しい。


「セザンヌ」の「パールグロウハイライト」『SP1 オーロラプリズム』


既存の「パールグロウハイライト」同様にやわらかい毛質のブラシがついていますし、コンパクトサイズだから、持ち運び用のコスメにもうってつけです。


難しいテクニックなしでもメイクの幅がグッと広がるから、見つけたらぜひチェックしてみてくださいね。


ときめくコスメは見つかった?

ご紹介した新作コスメはいかがでしたか?


これからやってくるホリデーシーズンに向けて、いつもなんとなくで選んで使っているアイテムを新調すれば、より気分も高まりそう。


ぜひ気になったアイテムがあった方は、早速試してみてはいかがでしょうか。


ご紹介したアイテムはこちら

・KATE「カラー&カバークッション」

・KATE「リップモンスター スフレマット」

・rihka「rihka mascara」

・Enamor公式サイト

・セザンヌ「パールグロウハイライト」


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください