1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. カルチャー

【11/20〜11/26の運勢】11月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

isuta / 2023年11月19日 22時5分

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。


2023年下半期の占いも公開しているので、ぜひ併せてチェックしてくださいね♡


2023年下半期の占いバナー


今週の星座占いを全文読みたい方はこちらをタップ

今週のおひつじ座の運勢

おひつじ座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



待つと耐える



今週のおひつじ座は、驚きをもたらすような言葉の変化を受け止めていこうとするような星回り。


当時読んだり聞いたりしたときは、いま一つピンとこなかった言葉が、その後何かの拍子に不意に思い出され、以前とは打って変わって砂にしみいる水のように、スッと心に入ってくるだけでなく自身の実存と共鳴し合うといったことは、おそらく誰しもが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。


リルケは、詩とは経験であり、その忘却であり、「再び思い出が帰るのを待つ大きな忍耐」によってもたらされるものなのだ、と述べています。


あなたもまた、経験の結晶化としての詩行を刻んでいくことができるかも知れません。


続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

おうし座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



大丈夫?大丈夫なわけないだろ



今週のおうし座は、覆い隠しがちな本音や真実をそっと告げていこうとするような星回り。


『冬の日や前にふさがる己が影』(村上鬼城)という句のごとし。身体的な障害を抱えながら十人の子を育てていた作者には、困窮した生活や不遇な人生をめぐってアイロニーをこめて詠った句が多く見られますが、掲句に関しては、ただ率直に自身の行き詰った心持ちを吐露しているような印象を受けます。


しかし、人からの憐れみを誘うような仕方ではなく、そうした心持ちを表現できるということ自体、作者の弱さや未熟さの露呈というより、むしろ彼の魂の大きさや成熟の何よりの証しではないでしょうか。


あなたもまた、普通ならあまりに人に大っぴらにしないし、できないような話をこそ、丁寧に紡いでいくべし。


続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

ふたご座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



ズバリよう分からん



今週のふたご座は、どこか見知らぬ領域へと釣りあげられていくような星回り。


これはさまざまな異なる言い方で言われることですが、人や出来事との出会いには動脈に乗ってくる出会いと静脈に乗ってくる出会い、あるいは強い出会いと弱い出会いの二つがあります。


前者は、周囲の見つけやすいところにいる相手に、自分から衝動的にぶつかっていくことで作り出されるものだったり、相手の好意や意図が分かりやすい関係性のこと。そして後者は、間接的なつながりの先にいる相手と、流れゆく時間の中で互いの様子を見計らいつつ出会う機会を作っていくことで得られるものであり、相手が何を考えているのか、いまいち分からないような関係性のこと。


あなたもまた、分かりにくさや微弱さの先にある深みや豊かさに目を向けて、丁寧に、しかし時には大胆に自らを差し出していくべし。


続きはこちらから

今週のかに座の運勢

かに座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



ちょうどいい甘みを



今週のかに座は、ふるまいや表情をさりげなく緩ませていこうとするような星回り。


『風邪床にぬくもりにける指輪かな』(中村汀女)という句のごとし。


「ぬくもりにける」という表現は常人からはなかなか出てこないだろうという意味で、実にたくみな言葉の駆使に感心させられる一句。しかしそれでいて、金属的な鋭利さだとかピーンと張り詰めたような緊張感ではなく、それは真逆のこちらが安心し、ホッとさせられるような通俗的な甘さをも感じさせてくれます。


あなたもまた、仄かな甘さを自身の言説や行動に織り交ぜてみるといいでしょう。


続きはこちらから

今週のしし座の運勢

しし座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



慕う



今週のしし座は、自身の真の姿を透視していこうとするような星回り。


古今和歌集に載っている『大空は恋しき人の形見かは物思ふごとに眺めらるらむ』(酒井人真)という恋歌について、かつて荻原朔太郎は『恋愛名歌集』で評していました。


ここには「心の故郷」へ回帰する道としての哲学、そしてプラトンの対話篇とはそれへの愛を問いただした痕跡に他ならなかったのだという詩人の洞察が示されています。彼の中では「実在(イデア)」という哲学的概念と抒情詩=恋愛とがこれ以上ない魅力的な仕方で結びついていたのでしょう。


今週のしし座もまた、単なる感覚的な享楽よりも真剣に求めていくに値するものに改めて向きあっていくべし。


続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢

おとめ座をイメージした女性のイラスト
illustration by ニシイズミユカ




ととのう



今週のおとめ座は、大いなる循環や呼応へと自身の意識を溶け込ませていこうとするような星回り。


『をちかたのみどりさだまる冬日かな』(長谷川双魚)という句のごとし。中天にあってもいたってしずかな冬日と、それを受け止める緑のおだやかな円みと。その両者の呼応にこころゆだねた人の清冽な観照だけがここにあり、そこに垣間見える詩心の澄みにはのどかながらも非常に強い印象をうけるはず。


ここには自意識に閉じ込められて、世界をますます狭小なものへと縮めていく現代社会におけるごくありふれた人間の在り様とは、じつに対照的な存在の流儀が書き記されているのではないでしょうか。


あなたもまた、意識の原野をもくもくと耕していく農夫にでもなったつもりで過ごしてみるべし。


続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢

てんびん座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



「今」を取り戻す



今週のてんびん座は、「ただ生きて働いているからだがあるだけ」という実感に近づいていこうとするような星回り。


「話す」の語源は「放す」にあるという説を聞いたことがありますが、誰かに話しかけるということ一つとってみても、現代の私たちはともすると言葉にうまくまとまらず口ごもったり、逆にひとりで空回りしているだけで相手には何も伝わっていなかったりして、「ことば」が成立していないことが思っている以上に多いのではないでしょうか。


そうした事態について、演出家の竹内敏晴は長年の演劇指導経験から指摘しています。


あなたもまた、「話しかける」ことをめぐる幾つかのレベルを意識しつつ、「からだ」が働いていく感覚に近づいていくべし。


続きはこちらから

今週のさそり座の運勢

さそり座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



最もリアルな幻とは



今週のさそり座は、みずからの命を一生懸命に惜しんでいこうとするような星回り。


『秋刀魚焼く死ぬのがこはい日なりけり』(草間時彦)という句のごとし。長い目で見れば、いつの時代においても秋刀魚の味は値段以上に貴重なものだったのだろう。


作者は大正生まれだが、明治生まれの俳人・三橋鷹女にも、『あす死ぬるいのちかも知らず秋刀魚焼く』という句があった。作者は若いころから病弱で苦労してきた人で、できるだけ死ぬときは人に迷惑をかけず、ピンピンころりと死にたいといった死に対する恬淡とした態度は十分に備えていたはずだが、それでもうまそうな秋刀魚を焼いていたら、急に死ぬのが心底怖くなってきたのかも知れない。


あなたもまた、そんな風に死ぬのが心底怖くなった瞬間があっただろうかと、胸に手を当てて考えてみるといいだろう。


続きはこちらから

今週のいて座の運勢

いて座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



光あれ



今週のいて座は、これまで自然に行使してきた直観を一段深めていこうとするような星回り。


世界的な数学者である岡潔は、かつて直観には三種類あると述べていました(『春宵十話』)。第三種の直観は、例えば「立ち上がろう」と思ったその発端の気持ちそのものであったり、「無意識に言ったり行動したりした後からそれに気づく、そんな直観」で、「この種の直観は自然界には実に多」く、ここまで行くと「一つの生涯を一つの行為にあてることができる」のだと言います。


最後の直観を指して岡は「この直観があれば生涯は瞬間的現象にすぎないものとなり、また一つの行為を実践する一つの機会としか感じられない。そしてその底には宇宙の本体が悠久なものだという確信が伴っているのである。」と結んでいます。


あなたもまた、そうしたある種の運命的瞬間としての「第三の直観」へとイメージしてみるといいでしょう。


続きはこちらから

今週のやぎ座の運勢

やぎ座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



ゴーーーーン!



今週のやぎ座は、極力余計な意味や目的を削ぎ落していくような星回り。


『物指(ものさし)で背(せな)かくことも日短』(高浜虚子)という句のごとし。


美しいわけでもなく、ドラマチックなわけでもない。特別な悲哀や、自然な人情が醸し出されているわけでもない。そうした、じつになんということのない日々を、どういう巡り合わせか作者は送っているのであり、そうした生身の偶然性そのものを取り出してみせたのがこの句の本質に違いない。


あなたもまた、そうした俳句の本質が自身の生き方や過ごし方にも通底させていくべし。


続きはこちらから

今週のみずがめ座の運勢

みずがめ座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



タコよ、墨をはけ



今週のみずがめ座は、「どこにもない場所」を再発見していこうとするような星回り。


社会がディストピア化することももはやSFではなくなった今の時代、人びとが意識すべきは「いかに頑張るか」ではなく、「どこへ逃げるか」になってきつつあるように思います。かつての時代であれば、逃げ場所といえば「河原」でした。江戸文化研究者の田中優子の『江戸百夢』によれば、「河原は管理が及ばない世界」とのこと。



「体と魂の力を抜いて、エロティックなことや、水のことや火のことや、生のことや死のことや、向こう側のことを考える場所が必要となる。河と河原がマザーなら、それは壊してならない「場所」だった。しかしもう、そんな場所は日本のどこにもない。」



あなたもまた、そんな失われた逃げ場所を、制度のすき間や過去と現在の差異の中に改めて見出していくことがテーマとなっていくでしょう。


続きはこちらから

今週のうお座の運勢

うお座をイメージした女性のイラストillustration by ニシイズミユカ



孤独にかえる



今週のうお座は、マクロ的視点から見た自身の姿に疑問を抱いていくような星回り。


『冬蜂や死にどころなく歩きけり』(村上鬼城)という句のごとし。この「冬蜂」に重ねられるのは単に不遇の弱者というより、「衆愚」という言葉が似合う世の人々なのではないだろうか。


余裕のない人ほど目先の利益に釣られたり、本来考えるべきこと以外のどうでもいいことに話題を逸らされ、振り回されてしまうものであり、自分がそうではないと言い切れる人が、今の日本社会にどれだけいるのかは甚だ疑問です。


あなたもまた、日頃ただ惰性的に流されてしまっている世の慣習にここぞとばかりに抗ってみるべし。


続きはこちらから

isuta毎日占い(毎日朝8時更新)

https://isuta.jp/uranai/dailyfortune

isuta恋愛占い(毎月1日、15日朝10時更新)

https://isuta.jp/uranai/lovefortune

isuta週間占い(毎週日曜日夜22時更新)

https://isuta.jp/uranai/horoscope

isutaの運勢グラフ(毎月1日朝8時更新)

https://isuta.jp/uranai/fortunegraph



isutaの下半期占いのバナー

2023年下半期の運勢をタップしてチェック✓


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください