細部の表現までポラロイドそのもの。アナログ写真の風合いにこだわりたい人におすすめのカメラアプリを発見♡

ISUTA(イスタ) / 2018年8月1日 19時0分

ノスタルジックな写真が撮れるアナログカメラアプリは、昨年からずっと人気ですよね。


とくにポラロイドカメラアプリは、誰もが気になるアプリなのではないでしょうか?


そこで今回は、数多く存在するポラロイドカメラアプリの中でも、ポラロイド特融のアナログ感にこだわりたい人におすすめのアプリ「NOMO - Point and Shoot(ノモ‐ポイントアンドショット)」をご紹介します♡


クールなポラロイド写真が撮れるカメラアプリ




まず、アプリを立ち上げるとこのような撮影画面が表示されます。


黒縁の中に小さくプレビューが映るので見づらさはありますが、この不便さもアナログカメラの醍醐味なのです♡


シャッターを押して撮影すると、撮影画面右下のアルバムに自動保存されるので、ここをタップして写真を確認します。





通常のポラロイドカメラで撮影すると、写真が現像されるまでに少し時間がかかりますが…


このカメラでも同様で、現像に約90秒ほどかかる仕様になっています。ドキドキしながら仕上がりを待ちましょう♡





「どうしても待ちきれない!」という場合は、画像を1回タップして全画面表示にした上で、スマホを振ってみましょう。


これで劇的に早く現像ができるわけではありませんが、半分くらいの時間に短縮することができますよ♩





写真の現像が完了すると、画面下に「矢印マーク」が表示されます。


写真をiPhoneのアルバムに保存したい場合は、ここを押して画像を保存しましょう。





保存された画像は写真の縁のまわりに、余白がついている状態で保存されます♡


いかにもアナログカメラで撮影したような、彩度低めのクールな写真が完成しました!


2つの画が重なった不思議な写真が撮れる




じつは、このアプリにはポラロイドカメラアプリではめずらしい機能がついているんです♡


まずは、撮影画面のシャッターボタン左上にある「二重露光マーク」を押して、写真を撮影します。





1回の撮影だと写真は現像されないので、被写体を変えて2回目の撮影してみましょう。


2回目の撮影が完了すると、自動で現像が開始します♩





現像が完了すると、このように1回目と2回目に撮影した画が重なったような不思議な写真になりますよ♡



画像元/NOMO - Point and Shoot



懐かしいようで、新しい写真が撮れるアナログカメラアプリ。


みなさんもこのアプリでポラロイドカメラの世界観を味わってみてくださいね♩

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング