1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

これならもっと気軽に年賀状が出せるかも。LINEで作って送る、デジタル完結型の「スマートねんが」が気になる

isuta / 2021年12月29日 19時0分

新年最初のご挨拶は、ついスマホでの簡単なメッセージで済ませてしまいがちですよね。でも、時にはより丁寧な印象の、年賀状を送ってみるのもいいかもしれませんよ。


日本郵便が新しくスタートさせた「スマートねんが」なら、LINE内で作成&送信できてとっても手軽。


2022年の年賀状には、スマホに届く、新しいスタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか?


本物そっくりな年賀状をLINEで送信




 


まずは、LINEの検索欄で「スマートねんが」を検索。友だちに追加しましょう。





次に、トーク画面の「年賀状をつくる」からスタートすればOK!





作成画面では、複数のテンプレートがセットになった、年賀状セットの選択からおこないます。


セットは、「トライアルパック 5種(税込200円)」、「ベーシックパック 20種(税込300円)」、「プレミアムパック 30種(税込500円)」の3種類。


購入したテンプレートは、2022年2月4日(金)まで何通でも送ることが可能ですよ。





画像を取り込むだけで即完成する、シンプルでハイセンスなデザインが多いのも魅力的なポイント。





スタンプやテキスト機能もあるので、自分らしいアレンジを加えてみるのもおすすめです。


ボイスメッセージを入れられる、ちょっぴりユニークな選択肢も用意されています。





宛名書きは、テキスト機能で手軽に打ち込めたり、手書きで丁寧に書き入れたりすることも可能。





完成したら、「送る友だちを選ぶ」から送信相手を選択してください。


「スマートねんが」は、2022年1月1日(土)から、選択した相手とのトークルーム内に送ることができるそうです。


LINEポイントが当たるかも!




はがきの年賀状には、「お年玉付き」のものがあります。


そんなサービスをデジタルに置き換えた、「スマートねんがくじ」もお見逃しなく。


届いた年賀状を1月10日(祝・月)までに閲覧した人の中から、抽選でLINEポイントがプレゼントされるキャンペーンも行われるとのことなので、受け取った人にますます喜ばれるサービスとなりそうですよ。


手書きの年賀状もいいけれど、より手軽に取り入れられる「スマートねんが」も魅力的。気になる方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


「スマートねんが」の詳細はこちら

https://nenga.yu-bin.jp/smart-nenga/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください