iPhoneで画面切り替え時のアニメを止めたい!視差効果を設定する技【快適術】

ITライフハック / 2015年6月22日 13時0分

写真

iPhoneでは、アプリを起動したり、ホーム画面を表示させたりするときに、画面切り替えのアニメーション(視差効果)が表示される。視差効果は演出のひとつだが、ユーザーの中には、この演出がわずらわしいと思っている人もいるだろう。

ここで紹介する方法を使えば、視差効果を減らすことができる。

■視差効果を減らそう
iPhoneでは、設定を変更することによって、視差効果を減らすことができる。

ホーム画面上で「設定」を選択したら、「一般」をタップしよう。

01

「アクセシビリティ」を選択したら、「視差効果を減らす」をタップしよう。

02

「視差効果を減らす」のスイッチをスライドさせて、「オン」に設定しよう。

03
iPhoneのアニメーション(視差効果)が気になる人は、今回の技を覚えておくとよいだろう。

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■快適術に関連した記事を読む
・iPhoneのSafariで気になったページを保存!リーディングリストを活用する技【快適術】
・細かくて読めない部分を拡大表示させる!iPhoneで拡大鏡を利用する技【快適術】
・どのアプリがバッテリーを消費している?iPhoneアプリのバッテリーの使用状況を調べる技【快適術】
・特定の人の着信音を変えたい!iPhoneの着信音を設定する方法【快適術】
・シャッター音を鳴らさないで画面をメモしたい!iPhoneの画面キャプチャを無音化する方法【快適術】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング