1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

音で認知症に挑むガンマ波サウンド!ルネサンス 、認知機能低下予防プログラム説明会

ITライフハック / 2023年10月18日 21時40分

写真


シオノギヘルスケア株式会社ならびにピクシーダストテクノロジーズ株式会社では、9月18日(月)の“敬老の日”及び、9月21日(木)の“世界アルツハイマーデー”を契機とし、想いに共感したさまざまな業種業態の賛同各社とともに、音で認知症に挑む「ガンマ波サウンド」の取り組みを始めている。今回、メディア向けにルネサンス 「認知機能低下予防プログラム説明会」が実施されたので、その模様をお届けしよう。

■音が鳴るすべての場所が認知ケアしうる場所になる
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 COO 村上泰一郎氏は、自社の事業について語った。
同社は『「社会的意義」や「意味」があるものを 連続的に生み出す孵卵器となる』をミッションに、波動制御技術をコアとしてポートフォーリオを抱え、Workspace領域、Diversity&Personal care領域での研究開発と事業化を行っている。

政府推計では、2025年には65歳以上の5人に1人、約730万人が認知症患者となると予想され、家族による介護や医療費など認知症関連の社会コストは14兆円以上と見込まれる。こうした状況を踏まえ、同社は本領域へ取り組む社会意義は大きいと考えた。

幅広い年代で認知症予防の重要性が認識されているものの、実際に対策を講じている割合は僅少。年齢の上昇に伴い、対策を講じている人の割合が高まる傾向にあるが、日常の中で無理なく取り組める予防対策・進行抑制策へのニーズは高いと予測される。

目指す世界観としては、「認知症は(直接的には)予防できない・治せない」という既成概念のため、日常生活の中で「認知症は予防・治療」をすることが“当たり前”になる世界を創り、薬・食事運動以外の第三の珠算を用いた健康予防でシニアの健康寿命延に後継したいとの考えだ。

同社が研究しているガンマ波は脳波の一種であり、アルファ波がリラックス時に発生する脳波と言われているように、ガンマ波は「認知機能の発揮」に関連した脳波と言われている。ガンマ波を惹起する方法として、電気刺激によるアプローチによる記憶の改善効果などが示されている例はあるが、この電気刺激によるアプローチは実利用を考えると、ハードルが高い。

MIT Tsai教授チームによる研究において、40Hz周期のパルス性の音と光の刺激によって脳内のガンマ波が周期される事が確認されるとともに、認知機能・短期記憶の改善が示唆される結果が報告されている。一方でここで利用されている音刺激は治療を目的とした不快度を伴うブザー音となっており、日常的な聴取は一定の困難が伴うと予想されるものになっている。

同社と塩野義製薬は、日常生活に溶け込む形で聴取が可能な独自の変調技術の開発に成功。脳波測定の結果からガンマ波が惹起/同期されることを確認した。テレビの音だけでなく、食事中のBGM、健康体操時の学習中など、生活空間のありとあらゆる場所が認知症をケアする場所に変わる可能性がある。

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 COO 村上泰一郎氏は、
「凄く広がりがあるものだと思っています。音の制御技術が肝なので、音が鳴っているところであれば、どこでも使える可能性があります。音を聴きながら何かをするシチュエーションであれば、すべてにフィットするので、音が鳴るすべての場所が認知ケアしうる場所になると考えてます。こういったコラボレーションを発表できることを凄く嬉しく思っております。」と語った。

0920_2023_Brain_005ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 COO 村上泰一郎氏

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役COO 村上 泰一郎氏が語る!音で認知症に挑む「ガンマ波サウンド」

YouTube:https://youtu.be/hPU3Muu81rw

■ガンマ波サウンドと融合させることで、より認知機能の低下予防に貢献できる
株式会社ルネサンスは、1979年に創業。今年で44年目を迎える企業だ。テニススクールからスタートした同社は、全国にスポーツクラブならびにフィットネススタジオや介護リハビリ施設などを100ヶ所以上展開し、現在ではグループ合計228施設を運営する。企業や自治体での健康づくり支援などのヘルスケア関連の事業、また海外市場へ向けた取り組みを展開している。

国内において認知症患者が増加し続けており、高齢化の伸展に伴って有病者数はさらに増加すると予想される。このような背景を踏まえ、ルネサンスは2011年に認知機能低下予防メソッド「シナプソロジー」を開発し、様々な研究機関と効果検証を重ね、その効果を数多く発表してきた。
今回、世界アルツハイマーデーに合わせ、この「シナプソロジー」に、音を聴くことにより認知機能ケアの実現を目指した「ガンマ波サウンド」を融合させ、オンラインでのプログラムを展開する。

株式会社ルネサンス 取締役副社長執行役員 望月 美佐緒氏は、
『運動と、このプログラムとの大きな違いは「うまくできないほうがいい」というのがポイントです。刺激をどんどん変えていくので、「あ~っ!」となります。この「あ~っ!」となるのが、脳に効果を与えることになります。医療の先生方や運動の専門家の方々にサポートをいただきながら、展開と研究開発を続けてきました。ガンマ波サウンドと融合させることで、より認知機能の低下予防に貢献できると考えております。それをイベントで一緒に展開できるのを楽しみにしております。』と語った。

同社は認知機能の低下予防だけでなく、同社の展開するリハビリ特化型デイサービス「元氣ジム」の理学療法士により、運動器機能の低下や口腔機能の低下を改善するプログラムも開発していく構えだ。

0920_2023_Brain_031株式会社ルネサンス 取締役副社長執行役員 望月 美佐緒氏

株式会社ルネサンス 取締役副社長執行役員 望月美佐緒氏が語る!認知機能低下予防の取り組み「シナプソロジー」

YouTube:https://youtu.be/PxxSWAmU4Ls

■脳活性化プログラム「シナプソロジー」・運動器機能低下予防プログラムを体験
体験会では、ルネサンスが展開する、脳活性化プログラム「シナプソロジー」・運動器機能低下予防プログラムに、ガンマ波サウンドをBGM として融合した体操を体験することができた。

シナプソロジーとは、じゃんけんや足踏みといった基本動作を行いながら、視覚や聴覚などの感覚器を通じた刺激と、注意や記憶といった認知機能への刺激を適切なタイミングで変化させ、それに反応することで脳を活性化させるメソッドだ。返納の際には、動きや感情を伴うようにしている。上手にできることを目的としておらず、適度に混乱することを楽しみながら、笑顔で取り組むことができる。

0920_2023_Brain_048ルネサンスが展開する、脳活性化プログラム「シナプソロジー」

ルネサンスが展開する、脳活性化プログラム「シナプソロジー」

YouTube:https://youtu.be/m6OrdpA2UAs

0920_2023_Brain_066ルネサンスが展開する、運動器機能低下予防プログラム

ルネサンスが展開する、運動器機能低下予防プログラム

YouTube:https://youtu.be/n0kXWJD5a68

ピクシーダストテクノロジーズが開発した脳活性化のテクノロジーは、音が鳴っている場所であれば、どこでも利用が可能だ。加えて、ルネサンスが展開する、脳活性化プログラム「シナプソロジー」や運動器機能低下予防プログラムとの組み合わせで、さらなる効果が期待できる。手軽なエクササイズであるだけに、今後の展開が楽しみだ。

■シオノギヘルスケア株式会社
■ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
■株式会社ルネサンス

■ITライフハック
■ITライフハック X(旧Twitter)
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・JR埼京線にて、運行開始!乃木坂46『国消国産』ラッピング電車
・「座る」「寝る」ができる!リクライニング付きゲーミングチェア
・松屋“台湾上陸”5周年記念企画!台湾フェア第2弾「魯肉飯」
・自由&コンパクトに使える!フォールディングデスク
・独自技術「コアバランスストレッチ」を提供!ストレッチ専門店Dr.stretch「虎ノ門ヒルズ店」がオープン【虎ノ門ヒルズ】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください