定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」のWebブラウザ版が登場

ITライフハック / 2015年7月24日 15時0分

写真

LINE MUSICは、同社の運営する定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」(iPhone・Android対応)において、PC(Windows・Mac)で楽曲の再生やLINE等へのシェア、プレイリストの作成などが楽しめるWebブラウザ版を「LINE MUSIC」公開した。

■ダウンロードが620万、累計楽曲再生数6億8000万回を突破
また、サービス公開約1か月半となる7月22日時点で、ダウンロード数が620万件、累計楽曲再生数が6億8000万回を突破。

LINE MUSICは、邦楽、洋楽、アニメソング、K-POPなど幅広いジャンルのヒットチャートや新譜をベースに、150万曲以上の豊富な楽曲ラインナップやプレイリストを揃え、いつでもどこでも利用シーンや気分に応じて様々な楽曲を聴くことができる定額制オンデマンド型音楽配信サービス。

さらに、LINEでつながっている友人やグループ間で、LINEのトーク画面上から楽曲やプレイリストを送り合ったり、送られた楽曲をLINEアプリ内で直接再生したりすることができるなど、従来の自分の好きなアーティストやプレイリストだけの視聴スタイルに拠らない、新たな音楽の楽しみ方を提供。現在、全てのユーザーは、8月9日まで無料で全楽曲・全機能を体験することができる。

■PCでスマホで状況に合わせて再生できる環境へと進化
LINE MUSICのブラウザ版では、テーマやジャンル、ランキングなどを元に楽曲を探して再生したり、自分だけのプレイリストの作成などを行ったりできる。これにより、ユーザーは、自宅や会社などPCがある環境ではWebブラウザ版、移動中や外出先ではスマートフォンでのアプリ版というように、これまで以上にロケーションやシーンに合わせた方法で音楽を楽しむことができるようになる。

また、Webブラウザ版は、LINEの有料コンテンツを販売する「LINE STORE」と連携し、各有料プランのチケット購入や確認を行うこともできる。対応ブラウザは、Google Chrome、 Firefox、Internet Explorer(9.0 以上)対応OSは、Windows XP(Service Pack 3)以上、Mac OS X 10.7 以上。

なお、キャッシュデータのダウンロードおよびオフライン再生機能には対応していない。利用には、LINEアカウントによるログインが必要。Webブラウザ版で行う、楽曲の再生や作成するプレイリストなどの情報は、アプリ版に同期される。

■LINE MUSIC アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2015年6月11日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE MUSIC株式会社
著作権表記:(c)LINE MUSIC Corporation

■LINE MUSIC Webブラウザ版
■LINE MUSIC(App Store)
■LINE MUSIC(Google Play)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■LINEに関連した記事を読む
・海外ブランド品を激安価格で買える「LINEトリップバザール」が「LINEフラッシュセール」内に登場
・いつでもどこでも音楽を聴ける!Android版「LINE MUSIC」がオフライン再生可能に
・「LINE占い」に人気占い師に直接悩みを相談できる新機能「悩み相談所」追加
・ついにLINEで飲食店予約が可能に! 「LINE グルメ予約」を開始
・LINE、チビカワ野獣の大乱闘!カジュアルディフェンスゲーム「LINE ウパルサガ」正式公開

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング