ASUSよりCore iシリーズを搭載するスタイリッシュベアボーン新モデル

ITライフハック / 2014年3月17日 8時0分

写真

ASUSことASUSTeK Computer Inc.は本日、インテルCore iシリーズを搭載し用途にあわせて必要なパーツを自由に組み合わせカスタマイズできるベアボーンキット「VivoPC VM60」を発表した。販売は3月19日(水)より。

すでに2013年11月に発売した「VivoPC VM40B」で好評だったワンタッチで取り外しが行えるトップパネル、小さくコンパクトでスリムな本体デザインに加え、IEEE802.11acやBluetooth 4.0といった最新のワイヤレス規格対応、ステレオスピーカー内蔵など、満足できるスペックとなっている。

上部をスライドさせるだけでストレージ部分にアクセスできる。

上部をスライドさせるだけでストレージ部分にアクセスできる。

CPUはインテルCore iを採用し、大幅に処理能力が向上している。Tバイトクラスのストレージが積めるように3.5インチHDDが搭載できるのに加え、SSDや2.5インチHDDも搭載できるよう変換アダプターが付属する。「VM60-G001M」にはインテルCore i5-3337Uを下位となる「VM60-G002M」にはインテルCore i3-3217Uを搭載。動画や写真の編集、Webブラウザゲームなど様々なエンターテインメントが存分に楽しめる仕様といえるだろう。

十分なインターフェイス類を搭載する。

十分なインターフェイス類を搭載する。

■製品名および価格
製品名:VivoPC VM60
発売予定日:2014年3月19日(水)
価格:
・VM60-G001M(インテルCore i5-3337U):オープン価格(予想実売価格:49,800円前後)
・VM60-G002M(インテルCore i3-3217U):オープン価格(予想実売価格:39,800円前後)

■主な仕様
型番(CPU):
・VM60-G001M(インテルCore i5-3337U)
・VM60-G002M(インテルCore i3-3217U)
OS:非搭載
メインメモリー:非搭載
記憶装置:3.5インチドライブ対応
スピーカー:ステレオフルレンジスピーカー内蔵(2W×2)
無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth 4.0
インターフェイス:HDMI×1、D-Sub 15ピン×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4、カードリーダー(SDメモリーカード、MMC)×1、ライン入力×1、ヘッドホン出力×1、マイク入力×1、S/PDIF出力×1、3.5インチドライブベイ×1(2.5インチ変換用ダプター付属)
本体サイズ:190(幅)mm×190(奥行)mm×56.2(高さ)mm
質量:約0.7kg
主な付属物:ドライバーDVD、ACアダプター、電源コード、2.5インチ変換用アダプター、ユーザマニュアル、製品保証書

■ユーザーからの問合わせ先
「ASUSコールセンター」
TEL:0800-123-2787(通話料無料)
通話料無料の電話番号をご使用できない場合
TEL:047-390-5630(通話料お客様負担)
受付時間:月曜日~金曜日 9時~18時、土曜日・日曜日9時~17時
(祝祭日、年末年始、お盆休みは休業となります)

■ASUS Webサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■ベアボーンの記事をもっと見る
・GIGABYTEよりハイスペックなコンパクトベアボーン「BRIX Pro」登場
・NVIDIA GeForce GT 640を搭載するコンパクトベアボーンZOTAC「ZBOX ID45」シリーズ
・リビングのテレビにつなぐ小型PC!ASUS、エンタメミニPCを発売
・Webブラウズや動画再生なら十分! ZOTACよりセカンドPC向きのコンパクトベアボーン
・小さいけどハイスぺ クアッドコアのCore i7搭載のコンパクトなベアボーン

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング