テックウインド、キーボードと一体となったWindows 10搭載PC

ITライフハック / 2015年12月16日 10時0分

写真

テックウインドは、「キーボードPC WP004」を2016年1月中旬に発売すると発表した。カラーはホワイトとブラックの2種類が用意され、価格は2万円台を予定。

本製品はWindows 10 Home(32ビット)を搭載する、パソコンとキーボードが一体化したキーボード型デバイス。キーボードはフルサイズの日本語86キー配列で、今使っているテレビやディスプレイにつなぐだけで、インターネットやメールなど、パソコンとして利用できる。キーボードに加えタッチパッドも搭載されているので、セットアップも簡単だ。既存のテレビやディスプレイを活用すれば、手軽に使える2台目パソコンとして使える。ファンレスで静音PCとしても利用可能だ。

本体の仕様だが、サイズは287×125×26.5ミリで重量は約288グラム。CPUはAtom Z3735F(1.33GHz、グラフィック機能内蔵)、メモリが2GバイトのDDR3L、ストレージは32GBとなっている。このほかインターフェイスとしてUSB 2.0×2、HDMI出力、ミニD-Sub15ピン、microSDカードスロット(64Gバイトまで)、有線LAN端子、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、音声入出力が用意されている。
s-032
s-035

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・インバースネット、3万円台のWindows10オールインワンパソコンを発売
・デュアルコアにハードウェア暗号化対応!SOHO/SMB向け2ベイNAS、Synology「DiskStation DS216」
・GALLERIA「LORD of VERMILION ARENA」推奨PCにCore i7 + GeForce GTX 960搭載モデルを追加
・XYZプリンティングジャパン、3Dプリンターでオリジナルクリスマスグッズを作るイベントを開催
・ASUSよりスタイリッシュでスリムタイプの液晶一体型PC「Vivo AiO」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング