AMDの最新プラットホーム「AM1」に対応するMSIのmini-ITXマザーボード「AM1I」

ITライフハック / 2014年4月9日 13時1分

写真

3月にAMDから登場したGCN対応GPUコアとCPUとなるJaguarコアを組み合わせたAMDの最新プロセッサー(APU)であるKabini。このCPUソケット対応版がAthlonおよびSempronという懐かしい名前で登場した。このKabiniのソケット版を搭載できるマザーボードがSocketAM1と呼ばれるプラットフォームだ。このAM1プラットフォームに対応したMSI製のmini-ITXマザーボード「AM1I」が登場した(取り扱いはアスク)。

「AM1I」は、AMDの提供する低消費電力プラットホーム「AM1」に対応するマザーボードで、MSI独自の高品質基準「ミリタリークラス4」に準拠。APUに内蔵されたRadeon GPUにより、単体で2画面までの同時出力に対応するほか、USB 3.0やSATA 6Gbpsにも対応。PCI Express2.0×4スロット(形状は×16スロットと同じ)やminiPCI Expressスロットも搭載。十分な拡張性を持つ。低消費電力を生かしたリビングPC(HTPC)の自作や低コストを生かしたネットワークストレージ用PC、そして旧Windows XPマシンとの代替えなどにオススメだ。

■製品情報
メーカー:MSI
製品名:MSI AM1I
型番:AM1I
発売時期:2014年4月9日
予想市場価格:4,600円前後

■MSI AM1I
■アスク

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■アスクの記事をもっと見る
・MSIより性格の異なるmini-ITX仕様のマザーボード2製品が登場
・PC不要でHDゲームがキャプチャーできるAVerMedia「ゲームレコーダー720 AVT-C281L」
・アスクよりThermaltake製ケースファン「Pure 20」シリーズとLEDケースファン「LUNA 12 LED」シリーズ
・配信もOK! USB3.0で1080p/60fpsのHDMIキャプチャーができるAVerMediaの「CV710」
・アスク、TteSPORTSブランド製のゲーミングマウス「SAPHIRA」のカラーモデルを発表

ITライフハック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング