GIGABYTEよりAM1プラットフォームに対応したmicroATXマザー「GA-AM1M-S2H」

ITライフハック / 2014年4月10日 9時0分

写真

昨日紹介したようにAMDの最新プロセッサー(APU)であるKabiniのCPUソケット対応版(AthlonおよびSempron)を搭載できるプラットフォームSocketAM1が発表になった。このAM1プラットフォームに対応したGIGABYTE製のmicroATXマザーボード「GA-AM1M-S2H」が登場した(取り扱いはCFD販売)。

AM1プラットフォームは、CMOSの機能(いわゆるBIOS設定)がAPUに統合されているため、APUを交換すると設定が消えてしまう。本マザーボードは「RTC IC」を搭載することで、APUを交換してもBIOS設定やWindowsの日付と時間が維持されるようになっている。

■製品概要
製品名:GA-AM1M-S2H
出荷予定:4月上旬予定
店頭想定売価:4,750円前後(税別)

■おもな仕様
Socket:FS1b
プラットフォーム:AM1
フォームファクター:microATX
サイズ:226(縦)mm×170(幅)mm
対応メモリー:DDR3 1600/1333
拡張スロット:
PCI Express×4:1(形状は×16スロット)
PCI Express×1:2
SATA:SATA 6Gb/s:2
LAN:ギガビットLAN:1
インターフェイス
USB3.0:2(バックパネル:2)
USB2.0:8(バックパネル:2、内部コネクタ:6)
サウンド:7.1 Channel Realtek HD Audio
BIOS:UEFI

■製品情報
■CFD販売株式会社

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
・GIGABYTEよりMaxwell搭載でOC仕様のグラフィックカード「GV-N750OC-2GI」
・玄人志向より最新のHaswellプラットフォームに対応したプラグ式のATX電源3モデル
・玄人志向より、ユーザーの要望を形にしたインターフェイスカード等6製品
・玄人志向よりUASPにも対応しUSB3.0による高速転送が可能なNEXTシリーズ3.5インチHDDケース
・NVIDIAよりKeplerの最高峰GPUと次世代アーキテクチャMaxwell採用GPUが登場

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング