マイクロソフト、自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」の日本での提供を発表

ITライフハック / 2016年11月9日 9時0分

写真



マイクロソフトは、Windows 10を搭載した世界初の自己完結型ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」を日本の開発者および法人に提供することを発表した。
2016年内中にはプレオーダーを開始する予定。

Microsoft HoloLensは、現実の目の前の世界と、3Dのホログラムの世界を融合させたMixed Reality(複合現実)を実現できる。その結果、これまでにない新しいデジタル体験やコラボレーション、働き方の可能性が一気に広がる。

詳細は、今後順次発表していくとしている。

■「Microsoft HoloLens」製品情報(英文)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■モバイルに関連した記事を読む
・Y!mobile、スマートフォンとタブレットのデータ通信容量を分け合えるシェアサービスを提供
・ASUS、超大容量26,800mAhで急速充電が可能なモバイルバッテリーを発売
・歩きスマホへの危険意識は98.3%、20代の歩きスマホへの危険意識が低い結果に。MMD研究所調べ
・iPhoneを落下の衝撃から守り、画面割れや故障を防ぐ独自構造の専用ケース
・スマートフォン購入者のうち、64.8%がiPhoneを購入。MMD研究所調べ


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング