グッズ販売も可能で作品制作をサポートできる「ニコニコ静画の印刷工房」スタート

ITライフハック / 2014年5月2日 15時0分

写真

株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ静画」にて5月1日(木)より、ユーザーの投稿イラストをグッズ化して販売することができるオンデマンドグッズ通販サービス「ニコニコ静画の印刷工房(β版)」を開始した。

■手間やコストをかけず、投稿イラストのグッズ販売が可能に
「ニコニコ静画の印刷工房(β版)」は、グッズ製造会社である株式会社大英グループとの共同企画として実現したサービスだ。ユーザー(イラスト投稿主)はニコニコ静画に投稿したイラストをニコニコ静画サイト内で簡単な申請をするだけで、グッズ通販サービス「ニコニコ静画の印刷工房」のサイト上でオンデマンド販売が可能になる。販売サイトではイラストを1つから商品化(Tシャツ、スマートフォンケース、タペストリーや抱きまくらカバーなどの各種材料に印刷・縫製・加工等)し、商品化されたグッズ売り上げの10%がユーザー(イラスト投稿主)に分配される。これにより、イラスト投稿主は在庫を持たず気軽に自分のイラストをグッズ販売することが可能だ。

世の絵師と呼ばれる人たちは、多くのファンを抱えていたとしても、イラストだけで食べていくことができない人のほうが多い。そこで別に仕事をしながら作品制作を行っているという人が多い。こうしたグッズを販売することで、彼らの生活をサポートできるようになれば、そうした中から将来の大物クリエイターが誕生してくるかもしれないわけで、日本の二次元文化を後押しするという意味でも、歓迎すべきことだと言える。

■当初の取り分である売り上げの10%は少なくない?
前述したように、作者への報酬は売り上げの10%という利益配分となっている。これでは一番高いベッドシーツカバー(16,000円)だとしても1つ売れるごとに10%、わずか1,600円しか入ってこない。数で稼ぐとして安いものでも1000ロット単位、高いものでも数百ロット単位で売り上げないとクリエイターの報酬としては、スズメの涙になってしまう。むしろこれなら有志を募って即売会などを開催して自前で制作したグッズを販売したほうが、はるかに儲かるだろう。

しかし、β版ということもあり、作者の著作権や版権等の扱いは今後詰めていくことと思われる。10%についても最初はシステム構築の投資を回収するためで、今後作者の取り分が増えていくという前提でないと、サービスを利用したいと考える人は少ないかもしれない。せっかくの良いサービスも利用者がいないと運営が続かなくなってしまう。β期間中に見直せる部分は見直し、クリエイターたちの作品制作環境を後押しできるシステムになってほしいところだ。

■「ニコニコ静画の印刷工房」サービス概要
・サービス名称:ニコニコ静画の印刷工房(β版)
・サービス開始日:2014年5月1日(木)
・グッズ販売サイトURL:http://nicoseiga.charagoods.jp(5月14日販売開始)
※グッズ販売サイトでは、ニコニコのアカウントとは別に販売サイトのアカウント取得が必要。

■利用条件:
・イラスト投稿者(販売希望者)
ニコニコのアカウントを保有した20歳以上の人、オリジナルイラストのみ申請可能。
・グッズ購入者
niconicoのアカウントは不要。株式会社大英グループが提供するECサイト上でのアカウント登録が必要。

■販売グッズおよび価格(税抜):
スマートフォンケース26機種(Android、iPhone)3,500円、ピローケース3,500円、B2横/縦タペストリー3,500円、特大タペストリー7,000円、等身大タペストリー9,000円、抱き枕カバー13,000円、Tシャツ3,500円、ベッドシーツカバー16,000円、マイクロファイバータオル4,500円、クッションカバー3,500円など

■販売/購入方法
・イラスト投稿者
ニコニコ静画(イラスト)の投稿者メニュー「POP/印刷工房」画面にて「出展を申請する」のボタンを押すことでグッズ販売の申請が行える。ドワンゴによるグッズ化審査を通過したイラストのみグッズ販売が可能。販売開始後は受注生産となるため、在庫を持つことなく1個単位で販売できる。売上金の受け取りには、銀行口座の登録が必要となる。

・グッズ購入者
ニコニコ静画の印刷工房(β版)のECサイトに登録された作品の中から好きなイラストとグッズを選び購入。

■その他の注意点
サービス開始時はβ版でのテスト運用期間となる。そのため登録申請イラストは一定の条件(閲覧数/投稿カテゴリ等)をクリアしているイラストから受け付ける。R15作品はβ版では申請できないことに注意。将来的には規約に反していないものは全て申請できる予定。

■ニコニコ静画の印刷工房(β版)(5月1日申請受付開始)
■ニコニコ静画

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■niconicoに関連した記事を読む
・超会議3を振り返る!マラソンなのに走ったらNG? 「走ってはいけない幕張超スレマラソン」

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング