「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、発売から4日間で36.9万台を販売。ファミ通調べ

ITライフハック / 2017年10月12日 9時0分

写真


ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年10月5日に発売した、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の国内推定販売台数を速報としてまとめた。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売から4日間(初週)の販売台数は36.9万台となったとのこと。本ゲーム機は、1990年に発売した人気家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を小型化し、未発売ソフトを含む21タイトルを収録して復刻したもので、2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、大きな注目を集めた。今後も、クリスマスや年末商戦に向け、さらなる販売台数の伸びが期待される。

■Gzブレイン

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・PlayStation VRの最新ラインナップ紹介トレーラーを公開・「アトリエ20周年フェスティバル」開催。花守ゆみりさん&日岡なつみさんのゲスト出演決定
・手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場
・週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ
・「アトリエオンライン~ ブレセイルの錬金術士~」主要キャラクターの紹介とキャストを発表

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング