吸盤式で簡単に固定でき、夜間でもくっきり撮影できるドライブレコーダー

ITライフハック / 2014年5月10日 11時0分

写真

ドライブレコーダーことドラレコは、万が一のアクシデント時に客観的な状況説明が可能な機器である。事故発生時にどういう動きをしていたのかなどが記録された映像からチェックできるので、ドラレコの映像があったおかげで、過失の割合を軽減されて事故処理が有利に進んだといったことにつながる「あってよかった」と思える機器である。

ただし、ドラレコは設置するのに専用のステーが必要だったり、バックミラー一体型の場合、電源コードのフィニッシュ(コードが垂れ下がっているなど)に気を使う必要がある。自己所有の車であれば、そうした作業を業者に頼んできれいに仕上げてもらうこともできるだろう。

しかし、昨今では都内では自家用車を所有する人は減少してきており、カーシェアリングやレンタカー利用といった「必要なときだけ車を用立てて利用する」乗り方が増えてきた。こうしたカーシェアリングやレンタカーの場合、ドラレコが標準で搭載されていることは少なく、オプション扱いだったり、グレードの高い車種にしか搭載されていないといったことが多い。

そこで紹介したいのが「赤外線12灯LEDドライブレコーダー」だ。シガープラグから電源を取るため車のキー位置がACC以上になった時点で電源が入り、エンジンを切ると自動的に電源が切れるようになっている。

41(高さ)mm×66(幅)mm×50(奥行)mmとコンパクト

41(高さ)mm×66(幅)mm×50(奥行)mmとコンパクト

最大のポイントが赤外線LEDを12個搭載しているところだ。夜間はこのLEDを点灯して録画することでより明るい映像が撮れる。赤外線なので対向車のドライバーが眩しいと感じることはない。さらに露出補正機能を搭載しており、露出を上げればより明度が増す。

赤外線LEDを12個搭載している

赤外線LEDを12個搭載している

昼間はフルHDの高解像度動画を撮影

昼間はフルHDの高解像度動画を撮影

赤外線LEDで夜間も明るく撮影可能

赤外線LEDで夜間も明るく撮影可能

撮影できる動画の解像度が1920×1080ドットのフルHD動画、カメラの視野角は約120度の広角なので、広い範囲を録画できるようになっている。動画は1分/2分/3分ごとに新しい動画ファイルが生成される。メモリカードの容量がいっぱいになると古いデータから自動で上書きして録画を繰り返すようになっている。

1.5インチの内蔵LCDでデーターを確認できるようになっている。

1.5インチの内蔵LCDでデーターを確認できるようになっている。

録画時間の目安は、32GBのmicroSDHCカード使用時に最高画質設定で約3時間。1.5インチのモニターを搭載しているので撮影中の状況を確認できる。静止画撮影機能もあり500万画素の鮮明な写真撮影が可能だ。光学ズームはないが最大4倍のデジタルズームができる。装着は吸盤式なのでレンタカーやカーシェアリングといったケースでも使える。そして値段は3,999円と安価なのもポイントだ。

■製品概要
製品名:車載赤外線12灯LEDフルHDドライブレコーダー
型番:DN-11248
価格:3,999円(税込み)

■製品仕様
電源:DC12V ※12V車専用
本体サイズ:41(高さ)mm×66(幅)mm×50(奥行)mm
重量:約75g
赤外線LED:12個
視野角:120°
液晶:1.5インチ LTPS LCD
動画:最大1080P(1920×1080ドット)
静止画:500万画素
記録媒体:microSDカード(最大32GBまで対応)※クラス6以上推奨
ループ録画:1分/2分/3分ごと
マイク:有
加速度センサー:有
付属品:
吸盤式マウント、シガー電源コード(長さ3.4m)、USB充電コード、英語マニュアル
製品保証:購入後3か月

DN-11248 上海問屋限定販売ページ
■上海問屋

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■上海問屋に関連した記事を読む
・ディスプレイ非点灯時はミラーになるiPhone 5s/5C/5対応の液晶保護用ガラス
・USB?いやLightningです! iOS端末専用のLightning接続有線キーボード
・SkypeやLINEの通話にも使えヘッドフォン機能だけで利用可能なマイク付きヘッドセット
・カセットテープをダイレクトにMP3形式に変換して保存できるポータブルプレーヤー
・ハードコアなアナタへ! レザー風生地にドクロやスタッズをあしらったiPhoneケース

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング