MSIよりHaswell Refresh対応チップセットIntel 9Xシリーズ搭載マザーボード

ITライフハック / 2014年5月12日 10時0分

写真

5月11日に発表されたHaswell Refreshことインテルの新型Core iシリーズ。LGA1150は変わらず最上位モデルがCore i7-4790となっているが通常動作が3.6GHz、Turbo Boost時に4.0GHzまでアップする。1世代前のHaswellのCore i7-4770Tと比べて通常時およびTurbo Boost時に100MHzほど周波数が高くなっている。

なお、Core i7以外にもCore i5/Core i3の各CoreシリーズにHaswell Refreshが用意されており、さらにエントリークラスのPentium,CeleronでもHaswell Refresh版モデルが用意される。そして上位のXeonでも1CPUモデルとしてHaswell Refresh版が用意される。

このCPUに対応しているチップセットがIntel Z97 ExpressおよびIntel H97 Expressといったチップセットだ。そのIntel Z97 Expressを搭載するMSIのマザーボード3製品が新型CPUの発表と同時に発売された。

最上位となるのが「OCシリーズ」のATXマザーボード「Z97 MPOWER MAX AC」だ。そしてゲーム向けとしてATXマザーボード「Z97 GAMING 7」と「Z97 GAMING 5」の2枚が用意される。

「Z97 MPOWER MAX AC」は、Z77 MPOWERから始まる超耐久マザーボード「OCシリーズ」のメインストリームモデルで、高負荷時の安定性やオーバークロック耐性を保証するMSIの独自品質基準「OC Certified」に準拠しているのがポイントだ。

さらに新しくDIYの水冷キットに対応可能な銅ベースの水冷機構を搭載しているのもポイント。オーバークロックに最適なソフトウェアをBIOS上に内蔵している。ハードウェアの故障からマザーボードを保護する「GUARD PRO」が追加されている。またCPUのオーバーヘッドを低減し、安定性を重視したIntel製ギガビットLANの新規採用、IEEE802.11ac対応Wi-FiとBluetooth 4.0をサポートするモジュールを搭載するなど、オーバークロックだけでなく安定性にもこだわっている。

ゲーム用の「Z97 GAMING 7」と「Z97 GAMING 5」は、MSIのGAMIMGシリーズマザーボードの第三世代となる。ゲーミングパソコンに必要な3つの要素として「SPEED(スピード)」、「SOUND(音質)」、「STABILITY(安定性)」を追求し、新規開発した製品となる。

「Killer NIC」や「ゲーミングデバイスポート」の従来から好評の各機能はそのままに、同じGAMINGシリーズのグラフィックスボードと組み合わせれば、グラフィックスとCPUのクロックを同時に変更可能な簡単オーバークロックユーティリティ「GAMING APP」が利用可能になる。

デュアルアンプやオーディオ専用コンデンサ、Sound Blaster Cinema 2を採用してさらに進化したオーディオ機能の「AUDIO BOOST2」、MSI独自の品質基準「ミリタリークラス4」を進化させ、回路保護とエコパワーの機能を追加した「GUARD PRO」など、随所に磨きをかけた製品となっている。

■製品情報
メーカー:MSI
製品名:MSI Z97 MPOWER MAX AC
型番:Z97 MPOWER MAX AC
発売時期:2014年5月11日
予想市場価格:29,800円前後

製品名:MSI Z97 GAMING 7
型番:Z97 GAMING 7
発売時期:2014年5月11日
予想市場価格:20,980円前後

製品名:MSI Z97 GAMING 5
型番:Z97 GAMING 5
発売時期:2014年5月11日
予想市場価格:17,980円前後

■Z97シリーズ製品情報
■アスク

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
・玄人志向より変換効率に優れるATX電源3モデルが新登場

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング