今年の世相を表す“漢字一字” 大募集――2017年「今年の漢字」

ITライフハック / 2017年11月15日 15時0分

写真


日本漢字能力検定協会は、今年一年の世相を“漢字一字”で表現し、清水寺で発表する「今年の漢字」を、2017年12月5日(火)までの期間、全国および一部海外より募集中。

「今年の漢字」は、国民一人一人が、一年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらうため、1995年より毎年開催しており、今年で23回目を迎える。

「今年の漢字」は、日本全国および一部海外から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)により発表している。その後、一年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募方法は、はがき、特設応募サイト(http://www.kanken.or.jp/kanji2017/)に加え、全国900か所以上の書店・図書館などに設置される「今年の漢字 応募箱」、または、学校、企業等からの団体応募がある。今年から、会員登録をしなくてもスマートフォンから応募できるようになり、より簡単に応募できるようになった。

また、11月1日(水)に開設された「2017年 今年の漢字」公式Twitterアカウント(@Kotoshinokanji)から、「今年の漢字」についての情報を随時発信中。2017年の世相を表すのにふさわしい漢字一字を応募してみてはいかがだろうか。応募受付期間は、12月5日(火)23:59まで。

■日本漢字能力検定協会

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・鳥取砂丘を舞台に日本ではめずらしいポケモンが出現「Pokemon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」開催
・「Shadowverse」の大会「RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会」を開催
・楽天トラベル、2017年でスキー・スノーボード旅行が人気の宿ランキングを発表
・「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」「委員長・椎名乙葉 タイマーですよ」がAmazon Alexaに対応
・数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング