火星からみた星空を家庭用プラネタリウムで再現!「HOMESTAR Classic MARS」を発売

ITライフハック / 2018年1月12日 10時0分

写真


セガトイズは、世界初の光学式家庭専用プラネタリウム「HOMESTAR Classic」から、史上初めて火星からみた星空を再現する「HOMESTAR Classic MARS」を火星イヤーとなる2018年2月15日(木)に発売する。価格は1万1000円(税別)。

2018年5月にはNASA(アメリカ航空宇宙局)から火星探査機「インサイト」が打ち上げられ、本格的な火星研究が進められ、火星関連トピックの盛り上がりが期待されている。火星の地軸から想定した“火星から見た星空“の再現に成功したプラネタリウム・クリエーター大平貴之氏は、「火星は我々に最も身近な惑星。火星からみえる星空は、地球から見たものと一見似ているようで全く違う。おそらく今回の再現は世界で初」と明かしている。また、同時に「投影星空を火星の地軸に合わせた動きをさせるために、複数の回転軸をコンピューターで制御して仮想的に実現する業務用のプラネタリウム機と異なり、 HOMESTARではたった1枚の原板で再現できる決定的なシンプルさがある」とも語っている。

日常の部屋を、スイッチひとつで肉眼では見きれないほどの圧倒的な星数で星空空間に変える「HOMESTAR」で、まだ誰もみたことがない火星からみた星空を体験してみてはいかがだろうか。

■商品概要
商品名:HOMESTAR Classic MARS
投影方法:光学式
商品サイズ:幅159×高167×奥行151(mm)
投影星数:約6万個
投影範囲:約2.5mの円状(天井までの投影距離が約2mの場合)
最適投影距離:2~2.3m
角度調整:0度~180度
付属品:専用恒星原板2枚(「日本の星空と火星」「火星から見た星空」)、 ACアダプター取扱説明書
素材:ABS、 PC、他
対象年齢:15歳以上
発売予定日:2018年2月15日(木)

■HOMESTARブランドWebサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook
■カルチャーに関連した記事を読む
・「オムニ7」にVRを活用した“新感覚”のバレンタインショップVALENTINE PARADISE VR」がオープン
・「dカーシェア」、“カーシェア時代におけるクルマの使い方”意識調査を実施
・スマホRPG「オーディナルストラータ」本日より配信
・C93冬コミは初日だよ! 冬コミに桃箱さん&mikoさん参加のお知らせ
・「ニコニコ生放送」&「ニコニコチャンネル」2018年1月期TVアニメ新番組発表

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング