マウスコンピューターより新開発スリムシャーシを採用した省スペースで最新CPU搭載のPCを発売

ITライフハック / 2018年3月14日 15時0分

写真


マウスコンピューターは、新開発した幅10cmのスリムシャーシに、最新世代の最大6コア対応CPUを搭載することで、高い処理性能と省スペース性を両立し、メンテナンス性にも配慮したスリム型デスクトップパソコン「LUV MACHINES Slim iHS420/iGS420シリーズ」を3月14日(水)より発売する。

同社同等仕様のミニタワー型「LUV MACHINESシリーズ」と比較して、体積、設置面積ともに約40%小型化した本体に、最新の第8世代「インテル Core プロセッサー」を搭載可能とすることで、基本的な処理性能を大幅に向上した。

さらに、CPU内蔵グラフィックスよりも、処理速度が高速なグラフィックス「GeForce GTX 1050」搭載モデルも用意し、高精細な画像・動画編集にも使えるデスクトップパソコンだ。

インテル Core i3-8100 プロセッサー、8GBメモリ、DVDスーパーマルチドライブ、500GB HDDを搭載する「LUV MACHINES Slim iHS420BD」は6万9,800円(税別)から、インテル Core i7-8770プロセッサー、8GBメモリ、DVDスーパーマルチドライブ、240GB SSD&1TB HDDにGeForce GTX 1050を搭載する上位モデル「LUV MACHINES Slim iGS420XD-SH2」は12万4,800円(税別)から。

■LUV MACHINES Slim iHS420シリーズ
■LUV MACHINES Slim iGS420シリーズ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・ラトックシステム、コンパクトなサイズに 8入力・8出力を搭載した Raspberry Pi用 デジタル入出力ボードを発売
・マウスコンピューター、高解像度5K(5120×2880)対応27型ワイド液晶ディスプレイを発売
・マウスコンピューター、最新4コアi7、GeForce MX150搭載、10時間バッテリー動作の15.6型ノートPCを発売
・デル、ALIENWAREアンバサダープログラムを開始。ALIENWAREを応援する人を募集
・マウスコンピューター製造拠点の長野県飯山市が誇る美しい大自然のスクリーンセーバーをユーザー限定プレゼント

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング