北欧神話の世界を舞台にした究極のアクションアドベンチャー「ゴッド・オブ・ウォー」がPS4に登場

ITライフハック / 2018年3月29日 9時0分

写真


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation 4(PS4)用ソフトウェア「ゴッド・オブ・ウォー」を2018年4月20日(金)に発売する。

「ゴッド・オブ・ウォー」は、伝説のスパルタ兵クレイトスを主人公に、ギリシャ神話を舞台とした強大な神々とのバトルが好評を博した「GOD OF WAR」シリーズの最新作。2005年にPlayStation 2で発売された第1作以降、数多くのシリーズ作品・派生作品が生まれた。

今回の「ゴッド・オブ・ウォー」は、シリーズのリメイクでもリブートでもなく、「GOD OF WAR III」の続編。ギリシャ神話から北欧神話の世界へと舞台を変え、クレイトスの新しい物語を描く。

ギリシャ神話の神々との凄惨な戦いを終えたクレイトスは北欧の地で妻を娶り、息子アトレウスをもうけ、新たな人生を始めていた。しかし、突然の妻の死をきっかけに、クレイトスは北欧神話の神々が司る地へアトレウスとともに旅に出ることになる。壮大な北欧の風景をバックに、息つく間もないスリルの連続と親子の成長、そして衝撃的な展開を描くドラマティックな物語が動き出す。

ゲームシステムの面でも本作は新しくなった。これまで究極のアクションゲームとして名を馳せてきた「GOD OF WAR」シリーズの魅力を引き継ぎつつ、自由度の高い育成要素やフィールドの探索要素などを加え、最新型のアクションアドベンチャーゲームとして生まれ変わっている。プレイヤーは、フィールド探索によって手に入れた経験値や素材を使ってクレイトスとアトレウスを育て上げ、自分だけの戦闘スタイルを生みだして戦うことが可能になった。







&Copy;Sony Interactive Entertainment LLC.

■ゴッド・オブ・ウォー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■ITビジネスに関連した記事を読む
・日本の伝統工芸に革新の風を吹き込んだ人たち!第2回 「三井ゴールデン匠賞」 贈賞式
・絶品料理に舌鼓!飲食業界のアルマーニを目指し「塚田農場」が旗艦店「焼鳥つかだ」をオープン!
・ニコ生にSTU48メンバー28名が生出演。3月31日、結成1周年特番放送決定
・「ももいろクローバーZ」結成10周年記念モデルウォークマンAシリーズが登場
・声優フクシ君が主人公役のBSスカパー!オリジナルアニメ「グラゼニ」特別試写会レポート

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング