PC系展示会「COMPUTEX TAIPEI 2014」が6月3日より開幕 【デジ通】

ITライフハック / 2014年6月2日 13時0分

写真

台湾の台北にて毎年開催されているコンピュータ関連製品の大規模展示会「COMPUTEX TAIPEI 2014」(以下、COMPTEX)が明日、6月3日よりいよいよ始まる。近年、スマートフォンやタブレットの爆発的普及の陰に隠れてしまい、パソコン関連製品の勢いが落ち込んできているが、そのいっぽうでマイクロソフトの「Surface Pro」シリーズやPC系メーカーが出している8インチWindowsタブレットが大人気だ。特にSurface Pro 2は生産が間に合わないほど売れまくっているようだ。

このようにスマホやタブレットに十分対抗できる製品も登場してきておりパソコン関連製品でも魅力的な製品展開が可能であることをを考えると俄然今年のCOMPTEXは要注目と言えるだろう。毎年、魅力のある商品やサービスが登場してくるが、今年はどのような新製品やサービスが出てくるのだろう。

COMPUTEX開催前日にASUSことASUSTeK Computerがイベントを開くことが通例となっている。今年も開幕前日の6月2日にイベントを開催する。このイベントでは、日本では数か月後に正式発売される新製品やサービスを発表することが多いので、今年も注目だ。ちなみにASUSはこのイベントに向けてティーザービデオを公開しており、今回も何らかの新製品が出るのは確実だと思われる。このイベント自体はライブ配信されるので、現地に行かなくても最新のニュースはリアルタイムに確認可能だ。現地時間の6月2日午後2時、日本時間の午後3時から開催される予定。

■インテルもCOMPUTEXのキーノートに登場
インテルはCOMPUTEX開幕日の6月3日に行われるキーノートに登壇予定。マイクロソフトは6月4日にフォーラムを開催する。台湾系ベンダー以外からも何らかの新情報が発表されるようだ。

筆者が入手した事前情報では大きな発表をする会社はそれほど多くはないものの新製品を予定しているメーカーはある模様だ。また、COMPUTEXは、パソコンを中心としたコンピュータ関連機器の展示・商談会なので、毎年PC向けの周辺機器に関する話題も豊富である。近年製品が増えてきている4K対応ディスプレイのような周辺機器の話題で盛り上がることにも期待したい。

これから台北に行かれる人もいるかもしれないので、現地の地下鉄「MRT」がより便利になっているのをお伝えしておきたい。台湾の台北ではタクシーが移動手段としては手っ取り早いが、渋滞に左右されない地下鉄は超便利だ。COMPUTEXの会場は台北101と南港の2か所に分かれているが、台北101に直結する信義線が2013年末に開通しているので台北101側へのアクセスが大幅に向上している。以上、参考までに

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

■ASUSのライブ配信URL
■COMPUTEX TAIPEI

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジ通の記事をもっと見る
・IT関連イベントが目白押しの6月! 注目の新製品や新サービスは?
・デジイチを上手に入手したいなら、型落ちレンズセットに注目しよう
・ネット動画をテレビで手軽に楽しめるGoogleのChromecast
・実際に使ってみた! iPhone活用の幅を確実に広げてくれるPFUの「SnapLite」
・vmwareとWIREDによる「ITを活用した多様な働き方」セミナー開催

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング