広範囲を見渡せる広角レンズを搭載し、フルHD動画が撮れるミニドライブレコーダー

ITライフハック / 2014年6月1日 11時0分

写真

ドラレコことドライブレコーダーを搭載していたとしても、事故の前後の動画を見ても、どういった状況だったのか、いまいち理解できないなどということがある。たとえば、自分は直進、相手が直交している道路から飛び出してきたようなケースだ。ドライブレコーダーは、ドライバー視点での動画を撮影できるが、ドライバが見渡せる視点というのは意外と狭かったりする。

そこで紹介したいのが視野角が160度と広角でなおかつ1920×1080ドット(フルHD)の高解像度動画が撮影できるコンパクトなドライブレコーダーだ。事故で目撃者がいなかったらトラブルになるがそれに備えていたはずのドラレコで見切れてしまって撮影できてなかったなんてこともあるかもしれない。しかし、このドラレコなら広角レンズのおかげで160度の範囲が撮影できるので、見切れて撮れてなかったということが減る。

録画のON/OFFはエンジンをスタートすると自動で録画を開始する便利設計。コンパクトなサイズなのでルームミラーの影に隠れるように設置すればドライバーの視界を邪魔しない。2インチのモニターで撮影中の状況を確認できる。たとえPCがその場になくても、記録した動画/静止画を現場ですぐ確認できるのもうれしい。

53(高さ)mm×70(幅)mm×23(奥行)mmとコンパクトだ。

53(高さ)mm×70(幅)mm×23(奥行)mmとコンパクトだ。

最大5分のループ録画機能を搭載。1分/3分/5分ごとに新しい動画ファイルが生成される。メモリカードの容量がいっぱいになると古いデータから自動で上書きして録画を繰り返す。動画はスムーズに切り替わりるので生成されたファイルに繋ぎ目はない。静止画は最大320万画素でデジタルズームながら最大4倍ズームが可能だ。

■製品概要
製品名:視野角160度 高画質フルHDミニドライブレコーダー
型番:DN-11245
価格:7,999円(税込み)

■製品仕様
電源:DC12V ※12V車専用
本体サイズ:53(高さ)mm×70(幅)mm×23(奥行)mm ※レンズ除く
重量:約83g(本体+マウント)
レンズ:HDR CMOSセンサー
視野角:160°
液晶モニター:2インチ TFT液晶
動画:最大1080P(1920×1080ドット)
静止画:320万画素
記録媒体:microSDカード(最大32GBまで対応)※クラス6以上推奨
ループ録画:1分/2分/3分ごと
マイク:有
加速度センサー:有
システム言語:日本語選択可能
付属品
・吸盤式マウント
・シガーソケット接続USBアダプター
・USBコード(長さ3.7m)
・英語マニュアル
製品保証:購入後3か月間

DN-11245 上海問屋限定販売ページ
■上海問屋

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■上海問屋に関連した記事を読む
・充電用USBポートを2ポート搭載し、ACコンセントを2分岐できる便利な電源タップ
・iPadが一度に6台充電できる高出力でお手頃価格の6ポートUSB-ACアダプター
・ブルーライトを3割カットしてくれるiPhone 5s/5C/5対応強化ガラス製保護フィルム
・24bit/192kHハイレゾ音源対応USB接続DAC/ヘッドホンアンプ
・デュアルディスプレイを切り替えできる2系統入力2系統出力対応のHDMI切替分配器

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング