2月に建設を開始した「ソフトバンク静岡葵ソーラーパーク」が運転を開始

ITライフハック / 2014年6月3日 15時0分

写真

2月に「今年も作るぞメガソーラー! SBエナジーが静岡県静岡市でのメガソーラー発電所を建設」で紹介して以来の久々のニュースをお伝えしよう。

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSB エナジー株式会社は、2月から建設を開始した静岡県静岡市葵区に大規模太陽光(メガソーラー)発電所「ソフトバンク静岡葵ソーラーパーク」の建設を完了した。

今回、SBエナジーは株式会社悠々倶楽部(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤 實)の所有地と個人私有地、合わせて約5万8,000㎡(約5.8ha)の土地において、出力規模が約1,900kW(約1.9MW)、年間予想発電量は一般家庭約650世帯分の年間電力消費量に相当する約233万7,000kWh/年の発電を行うメガソーラー発電所を建設し、2014年6月中旬の運転開始を目指すといったことをお伝えした。

順調に建設が進み、2014年6月13日より「ソフトバンク静岡葵ソーラーパーク」の営業運転を開始することが決定された。

■ソフトバンク静岡葵ソーラーパークの概要
所在地:静岡県静岡市葵区中ノ郷
敷地面積:約5万8,000㎡(約5.8ha)
出力規模:(太陽電池容量)約1,900kW(約1.9MW)
年間予想発電量:約233万7,000kWh/年(一般家庭約650世帯分の年間電力消費量に相当)
運転開始:2014年6月13日(金)
※世帯当たり3,600kWh/年で算出

■SBエナジープレスリリース
■SBエナジー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング