9割が「夫の出世には妻にも責任」と考えても「家事の分担は均等」な最近の女子

ITライフハック / 2014年6月6日 17時0分

写真

「女性(妻)は、男性(夫)の三歩後ろを歩く」という価値観は明治時代にできたとされる。そもそも儒教が徹底された江戸時代の武士は「男女七歳にして席を同じうせず」と徹底的に叩き込まれており、男女が一緒に歩くという行動など御法度とされていたからだ。

世の中ダブルスタンダードで、これは表立っての話であり裏の解釈として「(賢い)女性(妻)は、男性(夫)の三歩後ろを(わざと)歩く(そうすることで旦那を立派な人に見せることができる)」という、良妻になるための解釈とされることもあるようだ。後者が正しいとすれば、どの時代も女性のほうが単純な男性より一枚も二枚も上手であるというわけだ。

■現代の良妻予備軍の女子たちの考えは?
さて映画好きの女性が集まるトーキョー女子映画部では「武士の献立」のブルーレイ&DVDが6月7日にリリースされるのにちなんで「料理と恋愛・結婚の関係」についての意識調査を実施したという。そして現代女性ならではの心理が見え隠れした結果となった模様だ。

映画「武士の献立」のテーマとなっている「料理と恋愛・結婚の関係」についての意識調査を実施。178名によるアンケート回答(回答者は10代から60代まで)のほか、座談会実施により女子の本音を調査した。

結婚生活における料理の重要度や、夫婦間での家事の分担、夫の出世に妻がどの程度責任があるかなどについて、アンケートを実施した結果、年代別や既婚か未婚かどうかによる回答にほとんど差はなかったが、料理にまつわる事柄が男女関係において重要だと考える女性が大半だということがわかった。

「結婚生活において、お互いの料理の好みは重要だと思うか?」という問いには「とても重要だと思う」が50%、「大きくかけ離れていなければ良い」47.8%という結果で意見が半々に分かれた。

異なる意見が出る一方で共通見解もあり、「男を落とすなら胃袋からと言う説もあるが、料理の腕は、多少なりとも女の武器になると思うか?」という設問には、実に95.5%が「はい」と回答。男女関係において料理の腕が決め手になりうるとほとんどの女性が感じていることがわかる。

■夫婦の役割分担は?
「結婚したら料理の分担はどうしたいか?」という設問には「私(妻)がやるべきだと思う」が42.1%に対し、実は一番多かったのは「夫婦2人で分担したい」で51.2%。

座談会では「家事はやれる人がやればいいというのが理想」「男の人は家事ができないわけじゃなくて、女性が家事をやり過ぎている」という意見も出たという。この辺りには、武士道とは関係なく現代社会特有の価値観といおうか、男性と対等でありたいという女性の心理が少なからず見受けられた。

この他、このアンケートでは「夫が出世するかどうかは、妻にも責任があると思うか?」という設問や「女は男(恋人or夫)をたてるべきだと思うか?」などといった古くから聞かれる質問も行っている。

回答者のコメントには、離婚経験者の生々しい経験談や、結婚にまだ希望を抱いているであろう未婚女性たちの思いも寄せられている。

映画「武士の献立」の主人公は包丁侍の家を継ぐ夫を出世に導く料理上手な女性だが、本作を観た女性たちは「主人公はあの時代にいながらにして、自分の才能が一番活かされる家に嫁いだ賢い女性」「夫をうまく操る方法を知りたい人が観るべき映画」と高く評価。

夫に尽くしているように見えても、実は女性に上手に操縦されていたとは、やはりこの作品でも女性のほうが単純な男性より一枚も二枚も上手であるというわけだ。

かの与謝野鉄幹が「人を恋うる歌」にて

妻をめどらば才たけて、顔麗しく情けある

と歌ったように「才たける」とは、男を本人がそう気が付いていないよう上手に操縦できるという意味なのかもしれない。

■アンケート結果全容と座談会の詳しい内容はこちら
■トーキョー女子映画部

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■Web・ネットに関連した記事をもっと読む
・1クリックで車(中古車)が買える! Amazon.co.jpで中古車販売開始
・中高生にプログラミングを教える「Life is Tech!」がシンガポールに進出!
・「ガンホーフェスティバル2014」新エピソードや「パズドラ」コラボ等盛りだくさんだったROカンファレンス
・これが強者の戦いか!? Ragnarok Online Japan Championship2014決勝戦レポート
・戦いまだ終わってない!「Ragnarok Online Japan Championship2014」3位決定戦

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング