1インチ大判センサーに光学16倍! 4K動画撮影が可能な「DMC-FZ1000」

ITライフハック / 2014年6月12日 17時0分

写真

パナソニック株式会社は、レンズ一体型デジタルカメラとして世界初の4K動画撮影機能を搭載し、大判1.0インチセンサーに光学16倍ズーム(25mm~400mm)が可能な「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ」を搭載するデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ1000」を発表した。発売は7月17日より。

本製品は、フルHDの4倍の解像度を持つ4K(3840×2160ドット)動画の撮影機能を、レンズ一体型デジタルカメラにおいて世界で初めて実現しているのがポイントだ。静止画撮影は4Kを超える最大5472×3648ドット(3:2設定時)。高精細な静止画に加え、高精細で臨場感溢れる動画撮影が可能。

■動画から高解像度静止画の切り出し機能
撮影済みの4K動画から約800万画素の静止画を切り出す機能も搭載する。撮像素子となセンサーは、現行モデルとなる「DMC-FZ200」より4倍も大きい1.0型高感度MOSセンサーを採用、高感度撮影や被写界深度の浅い撮影も可能。

レンズは歪曲・収差を抑え、周辺部まで高い解像力を誇るLEICA DC VARIO-ELMARITレンズを採用し、開放F値F2.8-F4.0、広角25mmから400mmまでの光学16倍ズーム(超解像iAズーム32倍)を搭載。

オートフォーカス(AF)は、ピント位置の異なるライブ画像から瞬時に距離を検出する、独自の空間認識技術(DFDテクノロジー)と新開発リニアモーター搭載により、高い精度と約0.09秒の高速化を実現。ピンボケ写真をできる限り減らすのに貢献してくれる。

さらに、約0.66秒高速起動や応答速度の高速化を可能した0.39インチ約236万ドット有機EL(OLED)ファインダーにより、光学ファインダーがなくても一瞬のシャッターチャンスを逃さず機動力に富んだ快適な撮影を楽しむことができる。製品のポイントをまとめると

■LUMIX DMC-FZ1000のポイント
1)コンデジで世界初の4K動画撮影機能。動画から約800万画素を切り出す「4K PHOTO」
2)1インチ大判センサーと高倍率レンズで高品位な写真画質と望遠撮影
3)約0.09秒の空間認識AFでピンボケ撮影撲滅
4)約0.66秒高速起動、高速レスポンスの0.39型約236万ドットのファインダー搭載

■製品概要
製品名:デジタルカメラ
品番:DMC-FZ1000
本体希望小売価格:オープン価格
発売日:7月17日
月産台数:2000台

■ユーザーからの問い合わせ先
お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時~20時)

■LUMIX DMC-FZ1000
■パナソニック

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パナソニックに関連した記事を読む
・世界初の4K解像度で30p撮影を実現したウェアラブルカメラ「HX-A500」
・パナソニックより4K動画を安定撮影できる「UHS-I」対応の爆速SDカード登場
・タフさだけじゃない! パナソニックの頑丈タブレット「TOUGHPAD」が持つ特徴
・パナソニックから5インチのスマートフォンとしても使える頑丈なタブレット「TOUGHPAD」登場
・女心をつかむポイントはスムーズ&セーフティな運転「フロントインフォディスプレイ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング