ブラジルと繋がる!ソニー、2014 FIFA ワールドカップ スペシャル・イベント

ITライフハック / 2014年6月20日 9時0分

写真

2014年6月12日(金)、2014年FIFAワールドカップブラジルがついに開幕となった。日本代表が参戦する試合だけに、サッカーファンだけでなく、ビジネスユーザーの中にも楽しみにしていた人は多いだろう。

日本代表の初戦となるコートジボワール戦は、残念ながら1-2の逆転負けを喫したが、同じCグループの試合でコロンビアが3-0でギリシャを下したことから、日本は得失点差でギリシャを上回って3位からのスタートとなった。日本は19日(日本時間20日)、グループステージ第2戦でギリシャと対戦する。

コートジボワール戦では、数多くパブリックビューイングが開催されている渋谷に続々と集まったサポーターたちが敗戦後に駅前スクランブル交差点で「ニッポン!ニッポン!」と声を上げながらハイタッチを繰り返す迷惑行為がニュースとして流れた。

その一方、コートジボワール戦の終わったブラジルの競技場で、黙々と会場内のゴミを片付ける日本サポーターたちの画像がFacebookやTwitterで流れ「試合には負けたが礼儀正しさでは勝利した」「教育と民度の高さを証明した」などと世界中から称賛を浴びた。できればこの礼儀正しさを国内でも見せて欲しいところである。

国内外で様々な盛り上がりを見せているワールドカップに向けて、ソニーがスペシャル・イベント「ONE STADIUM at Sony Building」を開催中なのをご存じだろうか。

■「ONE STADIUM at Sony Building」で世界が1つのスタジアムになる!
本イベントは、ソニーが掲げる“ONE STADIUM”の概念のもと「世界を1つの大きなスタジアムにする」という。

具体的には日本のほぼ真裏に位置するブラジルと、お互いの「想い」や「情熱」「感動」を共有できるよう、ソニービル全館を挙げて今回のワールドカップをリアルに感じることができるようにするイベントになっている。

1FエントランスホールにはXperia™ Z2 Tabletを設置し、ブラジルで活躍する選手たちに向けた応援メッセージを書きこめるコーナーや、サッカー解説者のセルジオ越後氏や世界のサッカーファンによる現地レポート等、試合以外のワールドカップの今を感じられる。
6月3日のONE STADIUMオープニングイベント時に来館したセルジオ越後氏

6月3日のONE STADIUMオープニングイベント時に来館したセルジオ越後氏

ソニーショールームでは、ワールドカップの感動と興奮を「自宅のリビング」・「外出先の街中」・「スタジアム」と、それぞれのシーンで楽しむことができる、様々なソニー製品を実際に体験することができる。

また、ソニービル8Fにあるコミュニケーションゾーン「OPUS」(オーパス)では、ワールドカップの迫力と臨場感を大画面で伝える4Kシアターで、今ワールドカップのダイジェスト映像を含めた高解像度で大迫力の4Kコンテンツを上映し、まるで現地にいるかのような興奮を東京にいながら味わうことができるようになっている。

ソニービルの屋外イベントスペース「ソニースクエア」では、開催期間中の土日限定で、ワールドカップ日本代表のユニフォームやサッカーボール等を使って記念撮影を楽しむことができる。

■臨場感あふれる試合観戦が楽しめる4K対応テレビ「BRAVIA」
2013年には国内の大手テレビメーカーが4K市場へ本格参入し、2014年は、その拡大時期に来ている。その中で、最も高いシェアを獲得しているのがソニーの「BRAVIA」(ブラビア)だ。昨年市場投入したモデルは、画質・音質・デザインの面から高い注目を集め、4K対応テレビのトップシェアを獲得した。

新モデルには、4K高画質をさらに進化させながら、スタジアムの歓声をリアルに実感できる「サッカーモード」や、画面上でSkypeやTwitter等SNS機能を使い、自宅にいながら、仲間と一緒に観戦する「ソーシャルビューイング」が楽しめる機能が搭載されている。

なお、BRAVIAの新モデルは現在、ソニービルに展示されており、その機能を体験できるようになっている。せっかくの機会、美しいサッカーの映像をブラビアで体験してみてはいかがだろう。
史上最高画質4K対応モデル85インチ大画面の「KD-85X9500B」

史上最高画質4K対応モデル85インチ大画面の「KD-85X9500B」

■液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」

■ソニーに関連した記事をもっと見る
・いつ買うの? 今でしょ? ソニーのVAIOが買える最後のチャンス!【デジ通】
・映像制作のプロも唸るソニーのアクションカム最上位機種「HDR-AS100V」
・地方発の“匠の技”で作られたXperia Z2専用アルミバンパー「monoshi SCZ-003」
・頑張れニッポン! 海外のPCメーカーの元気さが目立ったCOMPUTEX 2014【デジ通】
・T関連イベントが目白押しの6月! 注目の新製品や新サービスは?【デジ通】

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング