世界初の画像インプットデバイス!「RICOH THETA」開封レポ

ITライフハック / 2014年7月22日 15時0分

写真

「RICOH THETA」は、一度シャッターを切るだけで撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影することができる世界初の画像インプットデバイスだ。独自開発の超小型二眼屈曲光学系を採用することにより、上下を含む真の全天球画像の撮影ができる。また、どんな場所へも持ち運びやすい、小型・軽量(約95グラム)サイズとなっている。

デジタルカメラは空間の一部分しか記録できないが、「RICOH THETA」なら360度を一度に記録できる。ガジェット好きな人に限らず、お盆休みや、夏休みに外出を考えている人の中には、購入を検討している人もいるだろう。そこで、いつものように開封レポートをお届けしよう。

シンプルなデザインの箱だ。
CIMG0001

箱を空けると、そこには「RICOH THETA」の姿が見える。
CIMG0006

マニュアルのほかに、ケース、USBケーブルが同梱される。
CIMG0010

■「RICOH THETA」製品情報

■開封レポに関連した記事を読む
・開通の儀は意外と簡単!初心者でも安心の激安スマホ「mineo(マイネオ)」開封レポ
・ついに日本国内でも発売!今もっとも話題の次世代ゲーム機「PlayStation4」開封レポ
・入手困難な店舗も続出!今もっとも話題の新端末「iPhone 5s」開封レポ
・発売日に入手成功! 全部入りで、より高速に魅力を高めた「GALAXY Note II SC-02E」開封レポ
・http://itlifehack.jp/archives/7578393.html

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング