あのニコ割調査が番組化! ネット世論調査を考察する新番組「ニコニコネット調査」

ITライフハック / 2014年7月30日 15時0分

写真

株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で、どのメディアよりも大規模でどこよりも速くネット世論を調べてその結果をユーザーとともに考える新しいレギュラー番組「ニコニコネット調査」を本日7月30日から開始し、毎月1回生放送のレギュラー化を行う。

■丸6年の実績を持つネット世論調査
「niconico」では2008年8月から、原則毎月1回、「ニコ割アンケート」により動画視聴者を対象に200~300秒間のネット世論調査を行い、内閣・政党支持率、政治・経済・社会問題などに関するネット世論を調査。毎回10万人前後から回答を得、調査終了の約15分後に調査結果の概要を、翌日には結果の詳細を公表してきた実績がある。回答者の多さと集計の速さでは日本のメディアで類例のない調査と言える。

「ニコ割アンケート」の実施画面

「ニコ割アンケート」の実施画面

そのほか、世間的な話題となっている原子力発電、学校でのいじめ、体罰、大学受験などユーザーの関心の高い問題については随時、大規模な調査を行い、その結果を詳しく発表してきた。そして今年9月の調査からは「ニコ割アンケート」を、さらに改良した新しいシステムで調査を行い、より詳細な調査結果の解析ができるようになる。

■レギュラー新番組として「ニコニコネット調査」
今回、ネット世論調査が丸6年を迎えたのを契機に、ただ単に調査結果を公表するだけでなく、毎月、その結果についてみんなで考える新番組「ニコニコネット調査」を生放送用の番組としてレギュラー化する。

「ニコニコネット調査」では、「niconico」の調査担当者、世論調査専門家、ゲストコメンテーターが調査結果について解説、コメントするほか、ニコニコユーザーのコメントやメールをもとに、その回ごとのテーマをみんなでより深く考えていくことを目的とする。

初回は7月30日(水)18時30分から生放送。以後、毎月下旬、その月の調査結果に関する生放送を実施していく。

■新番組ニコニコネット調査概要
司会:荻上チキ(シノドス編集長、評論家・編集者)
解説:七尾功(ニコニコ 政治担当部長)
今月のゲストコメンテーター:福元健太郎(学習院大学法学部政治学科教授)

■新番組「ニコニコネット調査」
■niconico

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

———————————————————————
【ネット世論調査について】
ネット世論調査は、niconicoで動画を視聴している全ユーザーに対して、動画によってリアルタイム情報を同時に伝達する、従来の動画サイトにはない新しいシステム「ニコ割アンケート」を利用している。開始時刻になると視聴中の動画の再生が一時停止し、その視聴プレイヤー上に割り込む形で設問と選択肢が表示される。ユーザーはそれぞれの設問に回答し、その結果を送信。調査結果は、一定時間後に結果を表示する動画へのリンクがアナウンスされ確認できる。「ネット世論調査」は、不特定多数のユーザーが、同時刻にアンケートに参加するという調査形態であるため、これまでのネットを活用したアンケートとは異なり、組織的な投票が非常に困難になっているのがポイントだ。また、従来ネットでは、声の大きな少数派の意見がクローズアップされる傾向が見られたが、ニコニコ動画で視聴している数十万人全てのユーザーへアンケートを行えるため、リアルなネット全体の意見調査が可能だ。
———————————————————————

■niconicoに関連した記事を読む
・宮崎県西都市で第二回ニコニコ町会議を開催!6千超の来場にネット視聴者20万人
・ニコニコが地方に元気を与える! 7月27日に九州宮崎で町会議第二回開催
・集団的自衛権、ベネッセ流出で安全はどこに? niconicoの「ネット世論調査」に約10万人が回答
・雨ニモ負ケズ! 盛り上がり絶好調! 長野須坂のニコニコ町会議
・始まったぞ!おらが町の文化祭! ニコニコ町会議が長野で開幕!

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング