GIGABYTEから幅74mmとコンパクトながらメンテナンス性に優れるmini-ITX仕様のPCケース

ITライフハック / 2014年8月5日 15時0分

写真

GIGABYTEからケースのトップに40mmファンを3基標準搭載し、マザーボードの専用フレームにより、マザーボード全体を引き出せる独自構造により、mini-ITX仕様ながらも非常にメンテナンス性に優れるPCケース「ESSENCE」が登場した(取り扱いはリンクスインターナショナル)。発売は2014年8月9日より、全国のPCパーツ専門店にて。

ESSENCEは、横幅が74mmというコンパクトなmini-ITX対応のスリムなPCケース。ケースのトップに40mmファンを3基、標準で搭載している。斜めに傾斜した筐体と、独立するマザーボードフレームから成る独自構造を採用。フロントUSB 2.0×2、2.5インチシャドウベイ×1を備える。

横幅が74mmというコンパクトなサイズ

横幅が74mmというコンパクトなサイズ

ケースとは独立したマザーボードフレーム構造を採用

ケースとは独立したマザーボードフレーム構造を採用

また発熱を抑え、高い変換効率を実現した120W出力の高効率スイッチングACアダプターを採用しているので、低消費電力なCore iシリーズを搭載すれば、コンパクトながらも十分なパフォーマンスを持つPCを自作できる。

高効率のACアダプターが付属

高効率のACアダプターが付属

■優れたメンテナンス性と高性能なACアダプター
特に独立したマザーボードフレームは、ケース本体からフレームを丸ごと引っぱり出すことが可能になっており、通常、この手のスリムケースでは犠牲になっていたメンテナンス性を犠牲にすることなく、むしろ非常に高いメンテナンス性を実現しているのがポイントだ。

システム全体を組んだまま引っぱり出すことができる

システム全体を組んだまま引っぱり出すことができる

また、2.5インチシャドウベイは、9.5mm、7mm厚のストレージデバイスの搭載に対応しているのでSSDだけじゃなく、大容量になった2.5インチのHDDも搭載可能だ。

120W出力で保護回路搭載の高効率スイッチングACアダプターが付属する。発熱を抑え、高い変換効率により省エネシステムを実現。過電圧保護(OVP)、過電流保護(OCP)、ショート回路保護(SCP)、過負荷保護(OPP)、過温度保護(OTP)による保護回路を搭載、安全性認証CB、CE、PSE、ICCC、TUV、ULを取得している。

■製品概要
メーカー:GIGABYTE
製品名:ESSENCE
型番:GZ-2SLEDT
発売日:2014年8月9日(土)
店頭予想売価:13,800円前後(税込)

■ESSENCE
■リンクスインターナショナル

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■PCパーツの記事をもっと見る
・ASUSよりChromebookの2製品に加え小型デスクトップChromeboxが登場
・デルと日本エイサーよりビジネスおよび文教向けのChromebook登場
・最大4台のUSB3.0機器を同時に接続できるUSB 3.0/2.0対応USBハブ
・SFX仕様の小型ケース向けの交換用に向く400W電源
・プレクスターより高品質・高耐久なMarvell製「88SS9188」を搭載する高速SSD

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング