電波法上免許が不要な5GHz帯におけるLTE通信実験にドコモが成功

ITライフハック / 2014年8月21日 17時0分

写真

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)とDOCOMO Beijing Communications Laboratories Co.Ltd.(以下、ドコモ北京研究所)との共同実験を行い、無線LANなどで使われている免許不要な5GHz帯(通称:アンライセンス周波数帯)でLTEの通信に成功したことを発表した。

本実験は、LTEをアンライセンス周波数帯で利用可能にする技術、Licensed Assisted Access using LTE(以下、LAA)の有効性を確認するために2014年2月からファーウェイの北京研究所で実施してきたものだそうだ。

今回、5GHz帯を用いた「LAA」の屋内での実験で、従来の無線LAN規格のひとつである「IEEE802.11n」と比較して約1.6倍の通信容量の向上を確認しており、LTE及び今年度中に提供開始を予定しているLTE-Advancedに有用な技術になることを確認。

将来、LTE及びLTE-Advancedで、無線LANとLTEを同時に共存させつつ、5GHz帯を補完的にLTE通信に利用することができれば、より高速で快適なデータ通信が実現できるようになる。同じ周波数帯でチャンネル変更などの対応は必要になるだろうが、Wi-FiとLTE両方に対応した1チップの登場なども期待できる。

「LAA」は、データ通信量の急増による世界的な携帯電話向け周波数帯の逼迫を背景に国内外の多くの企業が注目しており、LTEの標準仕様を開発した3GPPにおいて、今後の主要な標準化対象技術のひとつとして、2014年中の標準化検討開始が見込まれている。

■共同実験の目的
標準化対象技術のひとつとして2014年中の標準化検討開始が見込まれている「LAA」を先行して研究開発及び実験を行うことで、ドコモが標準化の策定でリーダーシップを発揮し、より高度な移動体通信技術を標準仕様に反映することを目的としている。

将来「LAA」技術の実用化により、LTE及びLTE-Advancedで高い周波数帯を補完的に有効活用できるようになり、ユーザーにとってより快適で利便性の高い通信サービスの実現が見込まれる。

■「LAA」技術概要
LTEを免許不要のアンライセンス周波数帯で利用可能にする技術。標準化団体の3GPPでは、5GHz帯を考慮した「LAA」の標準化が検討されている。「LAA」は、アンライセンス周波数帯でのLTE通信を実現させるだけでなく、LTE-Advancedで用いられる複数の周波数帯域を束ねて通信速度を高速化する技術「キャリアアグリゲーション」を活用して、既存の携帯電話サービスに用いられている周波数帯と5GHz帯を束ねて利用することを前提にしている。

「LAA」のイメージ

「LAA」のイメージ

■共同実験の内容
今回は「LAA」と無線LANを比較し、「LAA」の潜在的な性能の高さを確認するための第一段階の実験。「LAA」と無線LANの共用基地局アンテナから、5GHz周波数帯の20MHz帯域幅を利用してデータを送信し、受信側は「LAA」対応の携帯端末及び無線LAN対応機器を用いて「LAA」と無線LANを個別に通信させた場合の性能評価を行った。実験の結果、現在主流となっている無線LAN規格のひとつである「IEEE802.11n」と比較し、「LAA」は約1.6倍の通信容量の向上を達成。

共同実験の概要

共同実験の概要

今後、第二段階の実験では「LAA」と無線LANを同時に通信させた場合の性能評価を進め、その結果を踏まえて「LAA」と無線LANとの共存をさせるために「LAA」通信を最適化して実験を行う予定となっている。

■ニュースリリース
■NTTドコモ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■スマホ・タブレット関連の記事をもっと見る
・チノンから精巧な手作り木製ホーンのiPhone向けパッシブスピーカー「CH-PS840」
・FOXCONNのブランドinnowattからMFi認証の巻き取り式Lightning-USBケーブル登場
・ほとんどのタッチ液晶で使える! ペン先が細く滑らかな書き心地のスタイラスペン
・アナタのiPhone 5シリーズを水難から守る「Air In IPX8 Waterproof case for iPhone5」
・ASUSよりLTEに対応した10インチAndroidタブレット「ASUS Pad TF303CL」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング