ASUSより同社初のau対応Androidタブレット「MeMO Pad 8」【デジ通】

ITライフハック / 2014年8月22日 13時0分

写真

ASUSは、本日8月22日より発売されるAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad 8」(AST21)のメディア向けイベントを開催した。ASUSはこれまで、Wi-Fi版やSIMフリータブレットを日本市場に投入していたが、今回auからキャリア向けモデルとして提供される。同社としては国内キャリアと提携した初めてのAndroidタブレットとなる。

製品自体はすでに事前に発表されているためスペック等はすでに判明している、今回は8月22日の発売に合わせ日本のユーザーに向けて、製品のデザインや機能の特徴について詳細説明がメインとなった。

今回の製品は「Start with Japanese People」と銘打ち、日本市場から販売が開始される製品となる。同社製品は、海外発表後に日本市場にもやってくることがほとんどだったが、今回は日本での発売から、世界に向けて展開していくということになるわけだ。製品のキャッチフレーズは「ジブン時間、充実」で女性を意識し、そうしたデザインも考慮している。

memo3

8インチで1920×1200ドット(WUXGA)のタッチ液晶を採用し、狭ベゼルのデザインとなっており女性でも片手で持てる。カラーはホワイト、ピンク、ブルーの3色展開で、裏側だけでなくベゼル部分からもそれぞれのカラーの特徴がわかるデザインだ。重量は301gで非常に軽く、女性向けバッグの中に入れても違和感のない重量とサイズになっている。

ASUSのAndroid製品は「Zen UI」という独自メニューが特徴の1つとなっている。「What’s Next」というスケジュール関係のアプリでは、ホーム画面に直近の予定が表示され、タップすると詳細がわかるようになっている。また、やることリストは、各種アプリの共有機能に、やることリストが追加され、ここで作業途中のリマインドを簡単に設定できる。アプリの仕様途中に別の用事が入った場合、仕様途中のアプリが、やることリストに追加されるので、中断したところから簡単に作業が再開できるようになる。カメラ機能も充実し、標準の撮影機能として、写真の中に映り込んだ邪魔な部分を削除するような機能も搭載されている。

memo2

CPUはインテルのAtom Z3580が搭載されており、旧モデルのMeMO Pad FHD10で採用されたAtom Z2560と比較すると、パフォーマンスが3倍近く向上している。LTEに対応し、どこでも通信ができる。auのスマートフォンをすでに契約している場合、スマホセット割りが適用され、月々の追加負担額は3,150円となる。本製品を皮切りに今後、日本キャリアに対応したASUS製品が続々と登場してくることを楽しみにしたい。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジ通の記事をもっと見る
・知ってますか? 「パソコン、タブレット、スマホ」のトラブル時におけるセーフモードでの起動方法
・8月のWindowsアップデートでトラブル発生の可能性! 更新タイミングはどうしたらいい?
・Atom(Bay Trail-T)の登場で64bit版Windowsを搭載できるタブレットが増加中
・インテルが次世代次世代のモバイル用プロセッサーIntel Core Mの概要を公開
・違法アップロードすら取り込み動画サイトを上手に活用する海外のミュージシャンやアーティストたち

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング