Pioneer DJ、高い演奏性と可搬性を兼ね備えた「rekordbox dj」専用2chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-800」を発売

ITライフハック / 2019年4月17日 17時0分

写真


Pioneer DJは、DJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox dj」を自在に操作できる専用2chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-800」を発売する。

また、「DDJ-800」の発売に合わせて、DJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox」の機能を強化し、アップデートする(ver. 5.5.0)。

2018年1月に発売したrekordbox dj専用4chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-1000」は、ウェディングパーティーや企業イベントなど、クラブ以外の場でも活躍している多くのプロフェッショナルDJから強く支持されている。さまざまなシーンで演奏するプロフェッショナルDJは、会場環境や観客の規模に応じて持参する機材を使い分けており、特に小規模な会場で演奏する場合には、より持ち込みがしやすく設置しやすいDJ機材を強く求めているとのこと。このような声を受け、同社は「DDJ-1000」の高い演奏性を継承しつつ、小型・軽量で持ち運びのしやすい2chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-800」を新たに発売する。

「DDJ-800」は、さまざまな場所でプロフェッショナルな演奏を行うために、「DDJ-1000」と同様の「COLOR ON JOG DISPLAY」を搭載し、かつMIC音声のハウリングを軽減できる「FEEDBACK REDUCER」を業界で初めて搭載した。



■「DDJ-800」商品ページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・グリーンハウス、サンリオとコラボしたハンディファンを発売
・JAPANNEXT、55型HDR対応 PBP/PIP機能 4K液晶ディスプレイを発売
・温かい泡で全身をパックする泡シャワー「KINUAMI」がクラウドファンディングを開始
・マウスコンピューターからWi-Fi接続で15か国語に対応し1万円を切る翻訳機登場
・世界限定で1000個のスマートウォッチ!サファイアガラスの風防を備えたカシオのリストデバイス“PRO TREK Smart”特別仕様モデル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング