Googleロゴがロシアの文豪トルストイ生誕186周年を記念したイラストに

ITライフハック / 2014年9月9日 15時0分

写真

昨日9月8日に『本日9月8日は中秋の名月! Googleロゴもお月見仕様のイラストに』でGoogleロゴが日本での慣習となっている「お月見」をイメージするイラストになっているのをお伝えした。

本日9月9日は、ロシア文学を代表する名文豪レオ・トルストイの生誕186周年を記念するイラストになっている。

イラストの「▶」をクリックするとイラストが拡大され、以降「>>」マークをクリックすると彼の作品タイトルと、その作品の中のシーンを描いたと思われるイラストへ切り替わる。

作品は「戦争と平和」「アンナカレーニナ」「イワン・イリイチの死」の3作品だ。いずれも中学・高校くらいの年ごろで、夏休みの読書感想文などの題として出された記憶がある。特に「戦争と平和」は、6冊くらいある超大作で「これを読んでたら夏休みが全部終わってしまうのではないか・・・」と泣きながら、読み進めていた記憶がある。

この「戦争と平和」は、イギリスの小説家&劇作家(人間の絆、月と6ペンスなどで知られる)で有名なサマセット・モームによる「世界の十大小説」の中のひとつとして挙げられるほどの名作だ。これを機に自宅の本棚で、ホコリをかぶっていたトルストイ作品を秋の夜長に少しずつ読み進めてみようかと思った筆者である。

■Google

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■Googleロゴの記事をもっと見る
・本日9月8日は中秋の名月! Googleロゴもお月見仕様のイラストに
・同じ阿保なら踊らにゃ損損! Googleロゴが徳島阿波踊りの開催を記念したイラストに
・Googleロゴが8月12日と13日はペルセウス座流星群に合わせた動画ロゴに
・Googleロゴが、ベン図を考案した英論理学者の生誕180周年を祝うアニメーションに
・Googleロゴが人権政治家ネルソン・マンデラ氏の生誕96周年を祝うアニメーションに

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング