ロジクールGからハイエンド・薄型ゲーミングキーボード「G913」「G813」発売

ITライフハック / 2019年8月19日 15時0分

写真


ロジクールは、ゲーミングブランド「ロジクールG」より、ロープロファイル キーボード「ロジクールG913ワイヤレスRGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G913)と有線キーボード「ロジクールG813 RGBメカニカル ゲーミング キーボード」(以下、G813)を2019年8月29日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はG913が3万0,250円、G813が2万3,250円(いずれも税別)。

「G913」は無線でありながら、これまでの製品の長所を踏襲。eスポーツプレイヤーの高度なプレイには製品との相性が重要であり、打鍵感の異なる3種類のメカニカルスイッチから好みのものを選べる。またアルミ合金をトップケースに採用し耐久性を高めたほか、激しいプレイでも安定して使用できる重量設計だ。さらに「G913」、「G813」ならではの特徴として、薄型を実現しスイッチの反応する位置(アクチュエーションポイント)を短くしたことにより、高速なキー入力が可能となり、ゲームの勝敗を分けるシーンに貢献するだろう。

筐体には航空機にも使用される堅牢な5052アルミニウム合金をトップケースに採用し、滑らかで薄いデザインに仕上げた。また軽いタッチでも高速入力ができるよう、アクチュエーションポイントを1.5mmと、標準的なメカニカルキーボードと比べて25%短くデザインした。

メカニカルスイッチは、確かな打鍵感があり正確に押下できる「タクタイル」、より滑らかなタイピングの「リニア」、耳に心地よいクリック音の「クリッキー」の3種類を用意している。フラット/4度/8度とキーボードの高さ調節も可能だ。

本体左に縦に並ぶ5個のGキーは、Logicool G HUBを用いて、コマンドやショートカットキーを登録することができる。本体左上の3つのプロファイルキーごとに設定を保存できるので、アプリごとの割り当ても可能でだす。また音の再生/停止や音量調整は、本体右上に配置されているメディアコントロールボタンとスクロールホイールで操作できる。

キーボードのライトは約1,680万色の個別設定や、ゲーム内アクションとの自動連動も可能で、より高いゲーミングエクスペリエンスを演出する。Logicool G HUBで、ゲームに使うキーだけを色分けしたりオリジナルのライトエフェクトを作ることも可能だ。

G913は、3時間のフル充電で30時間の連続使用ができる(RGBライティングがオンの状態)。また遅延のないロジクール独自のワイヤレス技術LIGHTSPEEDとBluetooth5.0と2種類の接続方式から選択でき、本体上部のボタンでワンタッチで切り替えることができる。

■ロジクール・カスタマーリレーションセンター

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・夏休みの自由工作はパソコンで決まり!マウスコンピューターがパソコン組み立て教室を開催
・LAVIE新モデル追加でPC-8001 を細部まで再現した記念品「PasocomMini PC-8001」登場
・デル史上最小の13インチ2-in-1「New XPS 13 2-in-1」を発表
・デル、XPSノートパソコン最新製品を体験できる期間限定ポップアップ ストア「DELL Design Labo」表参道ヒルズにオープン
・ゲーミングPC「GALLERIA」がにじさんじとコラボレーションして動画配信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング