大型車でも難なく設置できる15mのロングケーブル付属!前後録画できるドラレコ「トラック・トレーラー・バス用リアカメラ付きドライブレコーダー」

ITライフハック / 2019年10月21日 10時0分

写真


サンコーは、『トラック・トレーラー・バス用リアカメラ付きドライブレコーダー』を発売した。価格は1万4,800円(税込)。

本製品は、トラックやバスなどに対応した前後録画バックカメラ機能付きのドライブレコーダー。前方カメラは140度、後方カメラは120度の範囲をカバーする。リアカメラは15mのロングケーブルで大型トラックなどでも設置が可能。解像度は1920×1080のフルHD(リアカメラは736×480)高画質で記録できる。

7インチの大型モニターで映像を確認可能。モニターはダッシュボードや吸盤でガラスに固定できる。モニターは

フロントカメラ1画面、
フロント、リアカメラ5:5分割2画面、
フロントメイン、右上リアカメラサブの2画面

の3種類の画面表示に切り替えられ、バックカメラとしても利用できる。

電源はシガーソケットより給電。12/24V対応。衝撃を感知すると自動的にファイルを保護して上書きを防ぐGセンサー機能。駐車中に衝撃を受けるとエンジンOFFでも自動的に録画するパーキングモード機能。車線を大きく逸脱した時にお知らせする車線レーン逸脱監視機能を搭載。トラックやトレーラー、バスなどの車体の大きな車でも後ろも記録できる前後録画ドライブレコーダーを設置したい。駐車時に後ろを画面で確認したい。そんな人におすすめだ。

■製品仕様
・サイズ/幅190×高さ105×奥行35(mm)
・重量/240g
・付属品/本体、シガーケーブル(325cm)、吸盤アタッチメント、ダッシュボード取り付け具、粘着テープ、日本語説明書
・電源/12/24V対応 シガーソケットより給電 バッテリー内蔵
・液晶サイズ/7インチカラーLED
・カメラ画角/140度
・記録メディア/microSDカード(~128GB Class10推奨)
・記録ファイル/動画:MOV形式 1980×1080 25pfs
・撮影時間/128GBのmicroSDカード使用 約10時間 ※状況により異なります
・画素数/300万画素
・パーキングモード/衝撃検知後30秒間録画動作したあと自動電源OFF
・コーデック/MPEG-4 AVC
・マイク・スピーカー/内蔵
・Gセンサー/内蔵
・赤外線LED/なし
・リアカメラ/幅50×高さ55×奥行40(mm) 105g ・電源/ドライブレコーダーより給電
・付属品/リアカメラ、固定ネジ2本、ケーブル(15m)・解像度/736×480 25fps ・画角/120度 ・防水性能/IP67
・パッケージサイズ/幅240×高さ115×奥行152(mm)
・パッケージ込み重量/797g
・保証期間/1年

1_000000003415
4_000000003415

■トラック・トレーラー・バス用リアカメラ付きドライブレコーダー

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジタル家電に関連した記事を読む
・こんなオシャレなカメラバッグ見たことない!機能性抜群で普段使いもできるカメラバッグ「comora(コモラ)」がKibidangoでプロジェクト挑戦中
・いつまでも足先あったか!バッテリーを収納してコードレス感覚で使える「モバイルバッテリーポケット付き USBあったかスリッパ」
・パナソニックから「テクニクス」ブランドのステレオヘッドホン「EAH-DJ1200」が登場
・集中力向上!!JVCケンウッドより高い遮音性能で不快音や騒音から耳を守るイヤーマフ「EP-EM70」・富士フイルムから新開発センサー搭載のスタイリッシュなミラーレス一眼「FUJIFILM X-A7」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング