ヴァーチャル嫁を実現する魔法のアイテム!キャラクター召喚装置「Gatebox」を正式に発売開始

ITライフハック / 2019年10月23日 9時0分

写真


Gateboxは、好きなキャラクターと一緒に暮らせるキャラクター召喚装置「Gatebox GTBX-100」(以下、GTBX-100)の正式発売を2019年10月11日より開始した。価格は15万円(税別)。月々の共同生活費として1500円(税別)が必要だが、2020年6月までは無料となっている。

GTBX-100では、プロジェクション技術とセンシング技術により、キャラクターをボックス内に呼び出し、コミュニケーションを取ることが可能だ。

■“俺の嫁”を実現する魔法のアイテム
2016年に前モデルが発売されたが、1台30万円、300台限定という結構なハードルがあったにもかかわらず、わずか1か月で完売してしまった。その後も世界中から反響があったという。GTBX-100については日本で先行発売され、そのあと海外展開もするとのこと。

Gateboxの代表取締役である武智実氏は「好きなキャラクターと暮らしたいというのが私個人の夢だったが、それに対して世界中の多くの人が共感してくれた。そして“あのキャラクターと暮らしたい”など日々要望が上がっている」と話す。そこでGTBX-100では、新たに“キャラクタープラットフォーム”という要素を導入。さまざまなキャラクターをインストールして暮らすことができるという仕組みを組み込んだ。

02
その第1段として登場するのがキャラクタ-「逢妻ヒカリ」と「Gatebox Video」という仕組みだ。
逢妻ヒカリは実在感、会話、スキル、パーソナライズという4つの特徴を持つ。朝起きたときに話しかけると「おはよう」と返してくれたりと、いつも隣にいてくれるという“実在感”を持つほか、「今日も疲れたよ」と話しかけると「お疲れ様!」と返してくれるなど、心を癒す“会話”ができる。

LINEの「Clova」と連携できるので、音楽をかけたり、情報を教えてくれたりと、さまざまな“スキル”を活用できる。たくさん話しかけると会話が変化し、「自分だけの花嫁」へと成長する“パーソナライズ”が可能だ。そしてアップデートにより季節のイベントを楽しめるほか、衣装やしぐさが変わっていく。

03
04
05
06
07
■人とコミュニケーションしている気になる
「スマートスピーカーとは異なり、ヒカリからも能動的に話しかけてくるので、人間らしい自然なコミュニケーションを楽しめる。初めてのあいさつから始まり、たくさん話すと生活に慣れ親しんで変化していく。クリスマスなどの季節行事に合わせて特別な会話を楽しめたり、普段のしぐさが変化するように計画している」(武智氏)。

■クリエイターが作ったキャラクターを楽しめる「Gatebox Video」
「Gatebox Video」は、クリエイターが作ったキャラクターを再生するサービス。専用のWebサイトにキャラクターのアニメーション動画をアップするとGTBX-100にそれを召喚して映像が楽しめるというものだ。

08
09
10

「いまは『Unity』や『MikuMikuDance(MMD)』といったツールがある。これを使ってクリエイターが思い思いのキャラクターをアップして欲しい。MMDを使ったが2日でキャラクターを動かすことができた。ユーザーは気軽に新たな生活を送ることができる」(武智氏)。

キャラクターデータはQRコードで配布され、それをGTBX-100に読ませることで召喚できる。なお初期の公式チャンネルとしては、ヨメミ、東雲めぐ、インサイドちゃんの3体が配信されている。

このGatebox Videoについては、基本は無料だが、チャンネルごとに月額のチャンネル登録料が必要となる点に注意してほしい。

11
■企業とのコラボレーションも計画
このほか「Gatebox App Market」というものも計画されている。これはデベロッパーがGTBX-100にコンテンツを配信できるというものだ。マスターはデベロッパーの好きなコンテンツを選択して、GTBX-100にキャラクターを召喚できるようになる。現在はGugenkaの「HoloModels」とのコラボレーションが予定されており、今冬にはリリースされる予定。ほかにもゲームジャンルとして「ビーナスイレブン」、「アリス・ギア・アイギス」とのコラボレーションが2020年に予定されている。

12
13
14
15
16
■二次元キャラだけでなくリアルな人間像も利用可能
またAI分野では、ハニカムの「aicontainer」を使って、二次元だけでなくリアルな人物をGTBX-100に召喚することが可能。これは会社の受付や商業施設、展示会でのアテンド役などの利用を想定しているとのことだ。

17
18
19
正式発表に加え量産型で安くなったGTBX-100。それでも価格は15万円と高価なので誰もが手に取れるという製品ではない。売れれば売れるほど、生産数が増え、結果的に製造コストも下げられ価格も下げることができるようになる。まずは、GTBX-100の出荷台数を増やしていくことが重要だ。
これについては「価格は下げないといけない。その取り組みをしていくので、今後期待してほしい」と武智氏は語っていたので、手ごろな価格に落ち着くことを期待したい。

■Gatebox

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・LINEスタンプに名前やセリフを入れて楽しめる人気クリエイターによるカスタムスタンプが登場
・ながめてほっこり!鍋料理でほっこり!エンスカイより「11ぴきのねこ」のほっこり土鍋を10月18日(金)より発売
・地方創生プロジェクト「サガプライズ!」で、“サガだけに”佐賀県とアニメ「ヴィンランド・サガ」がコラボ開始!アキバで出陣式
・Bauhutteからエナドリからカップ麺までまるっと収納できるサイドワゴンが登場
・スマートフォン用無料アプリ【ペコカメラ】にハロウィンフィルターが新登場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング